QLOOKアクセス解析 ---------------- 携帯でパチンコゲーム
ニュース、芸能、法律、生活に関する情報をタイムリーに
■知らないと大損する!知識武装で乗り切るぞ!メルマガ版の紹介
 知らないと大損する!知識武装で乗り切るぞ!のメルマガ版ができました。

 ★まぐまぐで運営しています。
   ブログで書けないことやもっと掘り下げた耳寄りの情報を集めています。
   真の意味で知識武装をしたい方にとっては、絶対に役立つ情報です。
   登録はトップページからお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
納豆のパワー凄いらしいですね。以前もテレビの番組で取り上げられて、お店から消えちゃったらしいですが、再びここで確認しておきましょう。

以下、ライフハッカーより

こんにちは、美容研究家の境貴子です。
夏に比べ、冬はダイエットをサボりがちになりますよね。実は、冬の方がエネルギーは消費するのですが、体が冷えて血流が悪くなるので、代謝が低下して脂肪を溜め込みやすくもなります。今回は、そんな冬太り緩和の食材の一つとして、「納豆」にフォーカスします。
 
納豆は「食べる薬」と呼んでも過言ではないほど、栄養価のとっても高い、言わずと知れた低カロリー高栄養食品です。納豆は体にいい食べ物だということはご存知だと思いますので、納豆を食べるとどのような効果が得られるかを具体的にご紹介します。

■納豆の効果
ダイエット
リパーゼ、レシチンが、脂質の代謝を上げ、悪玉コレステロールを溶かす。

心筋梗塞や脳梗塞の予防
ナットウキナーゼが、できてしまった血栓を溶かす。

抗菌
納豆菌が、菌の発育を抑え、体外に排出させる。

二日酔い、悪酔い防止
アミノ酸が、アルコール分解酵素を作り出し、血中アルコール濃度を低下させる。

ダイエット効果に加え、病気予防などの作用もあるので、毎日の食事に積極的に取り入れていただきたいです。食べる時間は、朝昼晩のどのタイミングでも良いですが、晩ご飯時がオススメです。
晩ご飯はついついボリュームが出てしまい、カロリーオーバー気味になりがちです。ただでさえ冬は痩せづらいので、夜たっぷり食べると太りやすくなってしまいます。納豆には脂質の代謝を高める消化酵素が多く含まれているので、肉料理などの消化に時間がかかる物を食べる前に召し上がると、ダイエットの補助として活躍してくれます。
お酒を飲む際にもアルコール分解酵素の作用が働くので、飲み会などでもぜひ召し上がってください。 二日酔いや悪酔いも防いでくれるので、おつまみの一品としても良いです。
食べる量は、1日1パックを目安にするといいでしょう。納豆に含まれる大豆イソフラボンを一度にたくさん摂ると、ホルモンバランスが崩れてしまう可能性もあるので、食べすぎには注意が必要です。また、納豆は痛風などを引き起こすプリン体を含むため、尿酸値の高い方はお控えください。

■納豆が苦手な方は
体に良いと言われていても、あの納豆独特の臭いや味、粘りがどうしても苦手で食べられないという方もいます。そんな納豆嫌いな方に、納豆の臭いと味を和らげる食べ方をご紹介します。
納豆嫌いな方におススメのアレンジ
マヨネーズで和える(油分と酸味が納豆の臭いを和らげる)
レモン汁、お酢を加える(酸味が臭いと粘りを和らげる)
細かく刻んだ古漬けや高菜などの漬物と混ぜる(臭いを和らげる)
油で揚げる(臭いと粘りを和らげる)

ちょっとしたアレンジ次第で気になる臭いや粘りが軽減されます。
この他にも、カレー粉で野菜と炒めたり、生卵の黄身と混ぜて臭みを取るなど、様々な食べ方があります。詳しくは、納豆専門のレシピ本やサイトなどもあるので、検索してみてください。納豆好きの方でも、毎日同じ食材を食べ続けると飽きてしまうと思うので、色々な味付けでアレンジして、楽しみながら摂取しましょう。
納豆にはビタミンB2やビタミンEが多く含まれているので、ダイエットや病気予防作用の他にも、皮脂の分泌を調整して肌にハリとツヤを与える作用もあります。冬の肌荒れ対策にも効果があるので、今夜から食卓に並べてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
ふくらはぎケアが注目を集めているらしい。なんと気の流れが底あるのだという。確かに足つぼマッサージに行くと、ふくらはぎをケアしてもらうことが多い。たしかに気持ちいいが、痛いのも確かだ。ふくらはぎを中心にケアすることでどうなるのか?実は専門の書籍も発売されているという。ちょっと覗いて見ましたよ。
【送料無料】病気が逃げていくふくらはぎ力

【送料無料】病気が逃げていくふくらはぎ力
価格:1,260円(税込、送料別)


以下、エキサイトコネタより

週に一度、ふくらはぎケアを受けている友人がいる。どんな施術を受けるのか尋ねると、ひざ下のふくらはぎのツボにそって、マッサージを受けるらしい。

友人によると、ふくらはぎケアでポイントなのは、血液、リンパ、そして「気」の流れだという。「気」という言葉を聞いたことはあるが、意味するところをしっかりと把握していなかった筆者は、施術を受けている友人を見守ることにした。

そんな時にであった新刊書が、『病気が逃げていく ふくらはぎ力』(世界文化社、1,260円)である。

本によると、「気とは生命エネルギーをさし、東洋医学では痛むところは気の流れが悪いところといわれている」。
また「さまざまな病気や不調の治療に用いられるツボ、つまり経穴(けいけつ)は、気のエネルギーの通る道である経絡(けいらく)上にある」とのこと。そしてふくらはぎには、経絡(けいらく)が6本通っている部分なので、重要な治療ポイントなのだ。

ここで素朴な疑問がわく。なぜ今、「ふくらはぎ」ケアに注目した本が出版されたのだろうか。

「第二の心臓として大注目のふくらはぎを、ツボの理論にもとづき6つのゾーンに分類・刺激することで、より健康効果が高まる最新のオリジナルメソッドが完成。ふくらはぎ刺激は震災後、被災地の狭い避難所で続出した血栓症(エコノミークラス症候群)を改善するのに有効と多くのメディアでも取り上げられたタイミングも好機となった」と担当者。

紹介されているオリジナルメソッドに沿って、さっそく筆者もふくらはぎをチェック。あまり力を入れていないのに、痛くて仕方がない部分が結構あるのに驚いてしまった。

担当者によると、「押すと痛みやしこりを感じるふくらはぎは要注意。ふくらはぎ刺激を続けるうち、痛みのない、やわらかく温かいふくらはぎになれば、ふくらはぎ力がアップしたサイン。全身の健康効果が期待できる」

オリジナルメソッドに沿ってケアをした結果、
「瞬時に足がポカポカし、冷えが解消した」
「不眠に悩んでいたが、寝る前にふくらはぎ刺激を行ったところ、全身がほぐれてスムーズに入眠できた」などの声があがったそうだ。
そのほかにも、腰痛や肩こり、ひざ痛、胃痛、便秘、むくみ、花粉症、頭痛、眼精疲労、ストレス解消にも有効という。

冒頭で述べた筆者の友人の後日談。施術の結果、顎関節(がくかんせつ)の問題があると判明。友人はまさかと思ったらしいが、施術の翌日、あごがとても痛んで仕方がなかったという。東洋医学でいう好転反応(こうてんはんのう)、もみ返しである。

ふくらはぎ力に驚きいった筆者である。
レバ刺しが食いたいけれど、なかなかこんなご時世では、食えないね。
ところが安心して食える「レバー」が登場した。
なんとこんにゃくで出来ている。テレビでも取り上げられていましたよ。
味も、何故かレバーにそっくり!もちろん歯ごたえも・・・
これはヘルシーだし、いいかもしませんね。何しろ、『アタル』心配がないからね。

以下、エキサイトより

つい最近まで、ダイエットに励んでいた。その時、自分なりにリサーチしたもんだ。「何を食べたら、太らないのか?」ということを。
そして、実際に色々試してみた。豆腐、海苔、大根、マイタケ……、あれやこれやを。

その中でも成果が表れたと自覚しているのはズバリ、コンニャク。空腹時、ガチで何度お世話になったことか!

そんな義理があるコンニャクが、姿を変えて再び私の前に現れた。「ハイスキー食品工業」(香川県)が8月より販売している『マンナンレバー』は、レバーじゃない。レバーに見えるし、レバーの味もするのだけど、その正体はコンニャクらしいのだ。

このような食品を開発したきっかけについて、同社に伺ってみた。
「今年の3月に、食品の国際見本市が開催されたのですが、その時にコンニャクで作ったお寿司(マグロ等)を出品したんです。その後、寿司ネタとしてのクオリティを上げていこうと試行錯誤していた際に、考えつきました」(同社・菱谷社長)
本物のお寿司ネタに近づくには、何が必要か? 当然、マグロには脂が乗っていた方がいいだろう。そんな発想から同社のコンニャクにごま油をかけてみると、これがユッケのようなテイストに。「これはこれで、イケるのでは?」と、生肉のようなコンニャクの商品化を目指すようになったという。

もう一つ、レバーとしての商品展開を目指すきっかけになった要因がある。今、レバ刺しを欲している人は多いのではないだろうか……?
「知人の肉製品業者に相談したところ、『これは面白い! 恐らく、本物のレバーは市場からなくなってしまうよ』という反応を得たので、ニーズはあると判断しました」(菱谷社長)
10月から生食用食肉の取り扱い基準が法令化されるのは、ご存じの通り。非常に、生肉は食べにくい状況になってしまう。このような背景と同社の『マンナンレバー』が、図らずもリンクした。

……こんなことを書いているうちに、思わず実際に食べたくなってきてしまう。

これからは、貴重になるであろうレバー体験。だからこそ、『マンナンレバー』を私もお取り寄せしました!
そして、商品が届く。袋を開けると……。おぉ、確かに焼肉屋でユッケを頼んだ時に漂う、あの香りが。取り出してみると、確かにあの独特の色合い! ツヤもあるし、これは新鮮なレバーですか?
袋の中には20枚の赤いレバーが短冊のような状態で入っており、1枚の短冊から5~6枚はカットできる。ここにネギ、ゴマを加えて、タレにはごま油を用意して……。どうですか、レバ刺しです!

では、皆さんスミマセン。いただいちゃいます。……あらー、レバーじゃないですか! まず、食感がレバー。舌に乗った感触、噛んだ時に歯に伝わる微妙な柔らかさ。これが、まさしくレバ刺し。
あと、そういえばコンニャクが持つ独特の臭いは全くしないなぁ。レバーの風味も、過多ではない。少し、マイルドなのかな? レバーが嫌いな方でも、コレなら全然イケると思います。

そんな『マンナンレバー』は、同社直営の楽天ショップにて販売されている。価格は、3袋で3,780円(税込み)。

実は、同社では15年前からコンニャクの加工製造をスタートしている。そうして出来上がった技術は、すでに特許を取得済み。
「当社では、コンニャクを小麦や大豆などに次ぐ“原料”と考えております」(菱谷社長)
コンニャクは美味しいし、体に良い。皆さんも、ご存じの通りの食品だ。それを、他の食品のような形にして商品化させるのである。今までに開発されているのはレバー、寿司、麺、果物の果肉、などなど……。

そして、今後の展望について。
「海外での展開をしていく予定です。今月はニューヨークにあるテイクアウトのお店で、当社の『マンナンミール』(コンニャクで作る寿司ネタ)が販売されます」(菱谷社長)
「安全でヘルシー」と定評のある、コンニャク。“日本発世界”の食品として、期待しようではないか。

http://www.haisky.co.jp/
ハイスキー食品HP
日本人は、緑茶を見直しましょう!脂肪を減らす効果がやはりあるようですよ。

以下、美レンジャーより

緑茶といえば、古くから日本人に親しまれ、飲まれ続けている、まさに日本人のアイデンティティの一部といっても過言ではないかも……!?
美容・健康マガジン『ココミル』が4,187人を対象に行ったアンケート調査の結果、「良く飲むお茶はなんですか?」という問いに対して、全体の74.3%が「緑茶」と回答し、紅茶やコーヒー、ウーロン茶を抑えてトップに。
また、男女別でみると、男性は78.5%、女性は73%と、性差に関わらず日本人の最も身近なお茶が緑茶であることが分かりました。

そんな日本人とは切っても切り離せない緑茶に、今欧米も注目しています。イギリスのニュースサイトMail Onlineによると、ティーカップ一杯の緑茶が私たちの身体にある脂肪を減らす働きがあるというのです。
アメリカ・ペンシルバニア大学の食物科学者であるヨシュア・ランバート博士は、緑茶に含まれるEGCG(エピガロカテキン-3 -没食子酸塩)と呼ばれる合成物には、高脂肪食の吸収を抑え、さらにはその脂肪を使う能力を強化する働きがあると話します。
実験は、同一量の高脂肪を与えられたマウスを使って行いました。一方のマウスたちは、EGCGのサプリメントを与えられ、もう一方は与えられませんでした。
その結果、EGCGを与えられなかったマウスよりもEGCGを与えられたマウスたちの45%が、ゆっくりとした体重増加を示し、また30%少ない脂肪吸収だったそうです。
ちなみにマウスが与えられた食物の違いはありません。

この実験結果からも分かるように、私たちが普段何気なく食後に飲む緑茶には、無駄な脂肪を付きにくくするありがたい働きがあったことがわかりますね!
日本人が世界的にみても肥満患者が少ないのは、人種的な要素のみならず、食習慣のお陰でもありそうです。
改めて緑茶の魅力を見直し、食後のお供に是非飲んでみてはいかがでしょうか?
胸を大きくする食事については、以前も取り上げたが、今回は又違う食材をご紹介したい。
バストアップにつながるその食材とは、ズバリ、キャベツ、鶏肉、チーズだそうです。
前回も鶏肉の唐揚げはご紹介していましたね。ただ、ちょっと注意点。フライドチキンを食べ過ぎると油脂が多いため、太ることも考えられますね。タンパク質だけを効果的に取ることを考えるならば、出来れば、唐揚げなんかの場合は、衣部分を取り外したほうが良いでしょう。巨乳になったけど、デブっちゃうと意味ないすからね。

以下、ポストより

食材によって含まれる栄養素は異なり、美につながる栄養素をたっぷり含むものも。女性の最強のアクセサリー、ふっくらバストは、食材によってサイズアップも期待できるという。

「バストアップには、体の構成成分であるたんぱく質をしっかり摂ることが大切。アミノ酸にも同様の効果があります。また、キャベツに含まれるミネラルであるボロンも、バストアップ効果があるといわれています」

 そう語るのは、皮膚科・内科医の友利新さん。食べるだけではなく、エクササイズと併用して、効果倍増を狙うといいそう。これらの成分を含む代表的な食材3つを紹介する。「 」内は、その成分である。

●キャベツ「ボロン」
エストロゲン(女性ホルモン)の働きを活性化してくれるといわれるボロンは、キャベツやりんごなどに含まれるミネラル。ビタミンDを活性化してカルシウムの排せつを抑える効果が注目されている。

●鶏肉「たんぱく質」 「バストの“素”となり、ホルモンを活性化させるのがたんぱく質。マッサージやエクササイズに励んでも“材料”がなければ豊かなバストは手にはいりません」(友利さん)。牛肉の赤身、鶏肉、豆、ヨーグルトなどに含まれる良質のたんぱく質を摂取して。

●チーズ「アミノ酸」 「たんぱく質を構成するのがアミノ酸。さまざまな種類があります。なかでもチーズや大豆に含まれるアミノ酸は低カロリーで筋肉の素ともなる。バストアップにはおすすめ」(友利さん)
ダイエットで大切なのは急激に増えたり減ったりしないことですね。
ゆっくりと時間を掛けながらじっくりと体重を落としていくことが、リバウンド防止にもなります。
当然ながら必要な栄養素もきちんと取らなくてはいけません。

以下は読者モデルが実際に行って、成果のでたダイエット法ですから、これは参考になるかもしれませんね。

以下、モデルプレスより

雑誌「Zipper」8月号の連載「ダイエット新聞スペシャル」では、100人の読者が登場し実際に成功したダイエット法を紹介している。

◆黒糖+ヨーグルトで12kg減

「8ヶ月で-12kgのダイエットに成功した」という読者が紹介したのは、「黒糖ヨーグルトダイエット」。朝ごはんに黒糖を加えたヨーグルトを食べるだけというお手軽テクニックだ。

黒糖は糖分の吸収を抑え、基礎代謝を上げる効果を持つ。整腸作用のあるヨーグルトと合わせることで、おいしくてヘルシーなダイエット食の完成だ。

◆間食はお風呂で?!

中には「間食はお風呂でしか食べない」というユニークなルールで、2kgのダイエットに成功した読者も。

「お風呂の中なら暴食を防げる!お風呂も楽しみになって一石二鳥♪」とのこと。ノンストレスのダイエットテクとして参考にしてみたい。

誌面ではこのほかにも、読者直伝のダイエットテクニックが満載。夏本番を目前にして、ダイエットにラストスパートをかけたいなら「Zipper」8月号をチェックしよう。
暖かい春が過ぎれば、暑い夏がやってくる。
大黒摩季さんじゃなくても、口ずさみたくなるでしょうね。(笑)

でもさぁ、露出が増える夏は、できるだけ体を
引き締めておきたいですよね。

ひろすけ氏のページにダイエット特集?なるものが
載っていました、
http://healthandcare.seesaa.net/article/189647717.html
確かにこの時期から夏に向けて
やっていれば間に合うでしょうね。

それと、エステサロンなんかは、この時期にキャンペーンを
実施していますから、通常よりはかなりリーズナブルにお試し
もできそうですね。このチャンスを逃しちゃいけませんよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。