QLOOKアクセス解析 ---------------- 携帯でパチンコゲーム
ニュース、芸能、法律、生活に関する情報をタイムリーに
■知らないと大損する!知識武装で乗り切るぞ!メルマガ版の紹介
 知らないと大損する!知識武装で乗り切るぞ!のメルマガ版ができました。

 ★まぐまぐで運営しています。
   ブログで書けないことやもっと掘り下げた耳寄りの情報を集めています。
   真の意味で知識武装をしたい方にとっては、絶対に役立つ情報です。
   登録はトップページからお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セレブも豪邸を売りに出す状況だが、なかなかそこまで景気の良い人も居ないのだろう。かなり売れ残っているようですね。安くしたといっても、6億円とかですからね。普通は買えんでしょ(笑)

以下、サイゾーより

アメリカでは、サブプライムローン問題とその後の不況の影響を受け、不動産価値が暴落している。だが、ロサンゼルスやフロリダの高級住宅街にある不動産物件だけは、順調に値を上げていると伝えられ、投資するには最高だとも言われていた。
 しかしここ数年、セレブが高級住宅街に所持する豪邸を売りに出しても、なかなか買手がつかないというケースが増加している。維持費だけでも大枚が飛ぶ豪邸を一日でも早く手放したいセレブたちは、思い切ったプライスダウンをする。それでも売れないのだ。
 そんな中、ハルク・ホーガンが、5年前2,500万ドル(約19億円)で売りに出していた豪邸を、887万ドル(約6億7,000万円)まで値下げしたことが明らかになった。プロレス史上最も成功したレスラーと称されている、超人ハルク・ホーガンが売りに出してる豪邸はフロリダにあり、敷地面接約500坪。ベッドルーム5部屋に大きなプール、ボートハウスもある。かつてはハルクと家族の日常を追うリアリティー番組『Hogan Knows Best』の舞台にもなっていたが、その後、妻とは離婚。財産のほとんどを彼女に譲ることになり、一日も早く邸宅を売却したいようである。しかし、なかなか買手がつかず、とうとう最初の売値の半分以下に下げるハメになってしまったようだ。
 同時期、シャロン・ストーンも、5,937坪の敷地に建てられたビバリーヒルズの大豪邸を売りに出した。この豪邸には、ガレージが14個、ベッドルーム5部屋があり、プールやスパ、テニスコート、禅をテーマにした日本庭園もあるとのこと。ゲストハウスには、メディアルーム、ジム、ベッドルーム2部屋があり、地図がなければ迷ってしまいそうなほどである。近所には、歌手のテイラー・スウィフトが住んでいるという。
 シャロンは1995年にこの豪邸を購入したが、2006年に1,150万ドル(約8億8,000万円)の価格をつけて売りに出し、もう一つのハリウッド邸宅に移り住んだ。しかし、買い手がつかず、値段を下げて再度売りに出すということを繰り返すように。そして、今回、とうとう900万ドル(約6億8,000万円)までプライスダウンし市場に出したのだ。
 妊娠を発表したばかりのヒラリー・ダフも、セレブの大豪邸が立ち並ぶトルーカ・レイクにある邸宅を、プライスダウンし、625万ドル(約4億7,000万円)で売りに出している。地中海スタイルこの豪邸には、ベッドルームが5部屋、バスルームが6つ、ジム、プール、ビリヤード・ルーム、ゲーム・ルーム、ワインセラー、コニャック・ルームがある。ヒラリーは、出世作となったテレビドラマ『リジー&Lizzie』のギャラで、この豪邸を購入。昨年、結婚したタイミングで700万ドル(約5億3,000万円)の値を付け売りに出したが、買手がつかず、今回、少し値下げして市場に出したのだ。
 ゴールディ・ホーン&カート・ラッセルも、マリブ・ビーチの豪邸を1,474万ドル(約12億円)で売りに出している。実は、この邸宅、15年前から売りに出されているのだが、なかなか買手がつかない。現在、マリブ・ビーチでは1,000万ドル(約7億6,000万円)以上の価格をつけた邸宅が50件も売りに出ており、競争が激しい中、ゴールディたちは価格を下げないため、いつまでたっても売れないようだ。
 一方で、値下げしても十分に儲けを得ているセレブもいる。俳優としてもプロデューサーとしても高い評価を得ているマーク・ウォールバーグは、08年に1,590万ドル(約12億円)で売りに出したビバリーヒルズの豪邸を、このたび1,395万ドル(約10億円)まで値下げした。200万ドルのプライスダウンはかなり思い切ったものだが、マイクはこの邸宅を01年に495万ドル(約3億7,000万円)で購入しているため、値下げしても大儲けする計算になる。そのため、今回買手がつかなくても、当分強気で売りに出すだろうと見られている。
 買手がなかなかつかないといったスローな状態が続いている、高級住宅街の不動産事情。一部の地区を除いて、今後も値段は下がり続けるのではないかと見られている。メル・ギブソンのように、不動産投資で資産を9億ドル(約688億円)まで増やすなどということは、これからは難しいだろう。
スポンサーサイト
――子どものころ、夢中になったおまじない。妄想ライター・タテロール高柳が、気になるおまじないを試してその効果をレポートします。

 数年前、芸人の間で開運スポットとして有名になった明治神宮御苑内にある「清正井(きよまさのいど)」。その写真を携帯の待ち受けにするとお金が舞い込むといわれていて、ネットでも「ご利益があった」「臨時収入があった」などの書き込みが多数。タレントの今田耕司さんや芸人の山下しげのりさんは、清正井を待ち受けにしたらすぐにご利益があり、レギュラーが2本決まったそうです。

■人気スポットのはずが......

 「清正井」は、加藤清正が作ったとも言われている湧水の井戸です。清正は名高い武将であると同時に、城造りや治水の技術にも優れていて、「築城の名人」「土木の神様」とも称されていたそうです。

 では、さっそく「清正井」に行ってみましょう。ネットによれば、庭園内で5時間待ちとありましたが、閉園まで30分しかない時間に行ったためか、意外にも閑散としていました。「どれくらい待ちますか?」と受付の方にうかがったところ、「20分くらいでしょう」とのお答え。待たないのならラッキーとばかりに、庭園の奥にある井戸に向かいます。庭園内は、井戸に向かう人しかいないので、人々が歩いていく方向についていけばいいだけ。狭い井戸の周りには順番を待つ人がいましたが、思ったよりも早く井戸を見学できました。井戸の写真撮影はOKですが、水をくむのは違反のようで、警備員さんに注意されている人もいます。

 何枚か画像を撮って、その画像をさっそく待ち受けに。ここの澄んだ空気もまた素晴らしく、パワー不足だと感じるときに行くのにオススメです。その足で、明治神宮を参拝し、良い気を吸い込んできました。

kiyomasa01.jpg

これで新規の仕事が決まるかしら?

 さて、待ち受け効果はいかに? ネットではすぐにご利益があった人もいるようですが、逆にリストラされたとか、財布を落としたなどの書き込みも見かけますが......。

 1カ月後――、な~んの成果もありません。何にもないんじゃ記事にならないと、いろいろ調べてみた結果、その原因が判明しました!

■開運パワーはすっからかん!

 そこで詳しく調べてみたところ、いくつかの原因とみられることを発見しました。

 まず、井戸に行った時間。神社に行くのは午前中がベストで、ましてや日が暮れかかった4時前なんかに行くのは良くないのだそう。 

 そして、これが一番大きな原因だと思うのですが、今の清正井はパワースポットではないそうだんです! 気を感じる人によれば、テレビに出てからの人だかりで聖域ではなくなってしまったとのこと。お金に群がる人の欲望がうごめいて、逆に悪い気が溜まっているのだとか。
 
 また、下調べでは、あるサイトに入園料500円と書かれてたのに、私たちが入園するときには、なぜかする~っと通してくれたのも気になります。

■イレギュラーの訪問が失敗?

 「清正井」が効果があるといわれる理由に、もともと加藤清正は義理堅い人で、何かあればご恩返しをしてくれるというのがあるそうです。ということは、入園料も払わずにそのまま入ったのも問題だったのかも。ああ~失敗!! 庭園に問い合わせたところ「何かの手違いでしょう」とのことでしたので、今度行く機会には、時間に気をつけて2回分まとめて払ってみようと思います。

 ホント、おまじないの道も簡単ではありませんね~。

以上、ハピズムより

ご利益が衰えているという噂もあるようですが、いえいえそんなことはありません。ぜひ、清正の井戸にいってみて、パワーを得てみてくださいね。もちろん、入園料は払いましょう。フリーライダーはいけませんよ。
金の価格が上昇している。日本でも金の買取センターが盛況というニュースはご存知であろう。それでは、このあと金の価格はどうなるのか?専門家の中には、まだまだ上がるという見方も多いようだ。

以下、ポストより

 9月に入って再び1トロイオンス=1900ドル台をつけた金価格(NY金先物)は、その後1800ドル台で調整しながらも依然として高値圏での推移が続いている。いったいどこまで上昇するのか、それとも下落してしまうのか――。海外投資のスペシャリストであるグローバルリンクアドバイザーズ代表の戸松信博氏は、今後の金価格の推移をこう予測している。
 * * *
 私は今後、金価格は1トロイオンス=2000ドルを超えて上昇していくのではないか、と見ています。その根拠はいくつもあります。
 まず、ニューヨークダウが金価格の何倍かを示す「ダウ・ゴールドレシオ」というものがあります。長期的なスパンでは、この数値が高ければ「株の時代」、低ければ「商品の時代」と判断することができ、さらに一度サイクルが変わると20年近くその流れが続くという非常に強い指標といえます。
 これを見ると、2000年のITバブルで40倍という株の時代がピークを迎えた後、商品の時代が始まり、現在は6倍前後まで下がってきている。過去の推移から考えれば、ここからさらに数年かけて4倍を切る水準まで下がっていくのは必至。これだけを見ても、現在は商品の時代のピークに向かう歴史的な流れのなかにあるといえます。
 次に、世界の主要通貨に対する米ドルの価値を示す「ドルインデックス」を見ると、ドルの価値は下落の一途を辿り、これと相反するように金価格は上昇トレンドを描いているように、ドルが下がれば金が上がるという見事な反相関関係にあります。ましてや米国は失業率が高止まりするなど、景気回復の兆しが見えないなか、オバマ大統領が雇用対策を打ち出しましたが、要は輸出でリードさせるために「ドル安政策」をとらざるを得ない。来年秋には大統領選を控えており、少なくともそこまではドル安基調は続くと見て間違いないでしょう。
 歴史的な「商品の時代」がピークに向かおうとするなか、当の米国がドル安政策を続けるのであれば、金価格は長期的に2000ドルはおろか、3000ドルを目指す展開になってもおかしくない。それが私の見方です。
 この歴史的な金価格上昇の恩恵を受けたいのであれば、もちろん純金積立や金貨といった金そのものを買ったり、金ETF(上場投資信託)に投資する手もあります。しかし、それよりも大きなリターンが期待できるのが、金鉱株でしょう。
 従来は個別株を売買するしかなかったのですが、最近では世界の代表的な金鉱会社の株価に連動する金鉱株ETFが登場していて、たとえば米国に上場する『マーケット・ベクトル・金鉱株ETF』(ティッカー:GDX)はこれまで金価格の上昇以上に大きく上がっています。なお、このGDXは最近、SBI証券や楽天証券などのネット証券で扱われるようになり、日本からも手軽に取引できるようになっています。
あの大前研一氏がこの世界経済状況では、何をしておいたほうがいいのか、また、何を避けたほうがいいのか警鐘を鳴らしている。

以下、ポストより

 世界の金融市場を揺るがしたアメリカ政府のデフォルト(債務不履行)危機だが、これから本当にデフォルトが懸念されるのはアメリカよりも日本である、と大前研一氏は指摘する。もし、日本の国債が暴落し、国家が破綻してハイパーインフレになったら、日本人には何も残らない。では、国家破綻に備えて、個人でどのような対策を講じておけばよいのか? 以下は、大前氏が勧める対策である。
 * * *
 絶対にしてはいけないことは預貯金である。銀行が潰れたら消えてなくなるからだ。生命保険や信託なども同様である。タンス預金も円では意味がない。ハイパーインフレになったら紙くず同然だ。
 基本的な対策は三つしかない。一つは、資源国の通貨でのタンス預金である。タンス預金の理由は、これまでの例でハイパーインフレになって取り付け騒動が起きた場合、外銀の支店も閉鎖されてしまうからだ。
 二つ目は、金または金に準ずるコモディティに換えておく。すでに金は1オンス=1900ドルを突破して史上最高値を記録しているが、紙くずになりかねない円よりはよほど安全だ。
 流動性の高い不動産や株でもよいだろう。ハイパーインフレになると、通貨の価値がなくなってモノが高くなる。なかでも不動産はインフレに強い。世界的に見ると東京の不動産は非常に割安になっているので、流動性の高い物件を買っておくのが一つの手だと思う。
 株もインフレには通貨よりも強い。株は会社が創り出す富に裏打ちされている「モノ」であり、まともな会社の株価は、少なくともインフレ率と同じだけ上がるからだ。注意すべきは、国家が破綻したら一蓮托生でダメージを受けるような公共事業比率が高い会社の株ではなく、国家破綻の影響を受けないコンシューマー関係の会社、とくにグローバル化している会社の株を買うことだ。
 三つ目は、自分に投資して「稼ぐ力」をつけることだ。世界のどこでも稼げる能力を身につけておけば、国家破綻もハイパーインフレも恐れる必要はない。
保険のこともそうですが、意外と生活に必要なお金のことを
ご存知ではない方が多いようです。

給料から引かれている税金のこと。社会保険料のこと。
その金額や決まりについてもほとんど把握されていない方が多いのですね。

給与所得者、いわゆるサラリーマンはほとんどが会社のほうでやってくれるので
仕方が無いといえばそれまでですが、ある程度お金のことを理解した上で、
最善の選択を取ることが今後求められると思います。

厳しい時代ですからね。

今後は折にふれてそのへんを書いていきたいと思いますが、
簡単に今日は、給与所得から差し引かれている税金についてお話ししましょう。

さて、給料から引かれている税金といえば、何税でしょうか?

即答できましたか?
所得税(源泉税)と住民税ですね。

あれ?自分の給与明細は税金が引かれていないという方いらっしゃいませんか?
あるいは所得税は引かれているけど、住民税は引かれていないという方も
いらっしゃるかもしれません。

引かれている金額も他人と比較すればわかりますが、同じ年令でほぼ同じ給料
でも、引かれている額がぜんぜん違うということもあります。
これってなんで?

この辺の疑問から解決していきましょう。
詳しくは次回から。
したい、したいと思っていても、なかなか思うようには増えてはいかない貯金。
毎月コツコツと貯めるタイプ、大きな収入があったときにまとめて貯めるタイプなど、
その貯め型や貯まるスピードは人それぞれだが、コクヨグループのカウネットが運営する情報サイト「わたしみがき」は、働く女性の「お金と節約」に関する調査を実施した。

この調査は全国の有職女性579人を対象に行われたもの。
まず、年間貯金額の傾向を探るべく「1年間でいくらくらい貯金をしていますか?」とたずねたところ、
トップは「10~50万円未満」(36.4%)だった。これに「10万円未満」(27.8%)が続き、約3割程度は思うように貯金ができていない様子がうかがえる。
以下、「50~100万円未満」(21.4%)、「100~200万円未満」(10.5%)、「200~500万円未満」(2.6%)、「500~1,000万円未満」(0.9%)、「1,000万円以上」(0.3%)と続いた。

次に、日常の節約意識について「どんなことに対して節約していますか?」とたずねたところ、最も多かったのは「ファッション」(62.2%)。
以下、「日常的な食事」(59.2%)、「飲み会や外食」(52.9%)、「日用品や生活雑貨」(47.3%)、「美容」(44.8%)となった。
年代別では40代で「美容」が目立って高く(55.6%)、逆に20代では非常に低い(32.4%)傾向が顕著に表れている。

また、「今後お金をかけたいと思うことは、どんなことですか?」との質問では、「旅行やレジャー」(46.5%)が約半数を占めトップ。
次いで「セミナーやスクール、学ぶこと」(27.6%)、「美容」(27.3%)、「リラックスや癒し」(26.3%)がそれぞれ3割程度と、モノよりも経験や行動にお金をかけたいと考える女性が多いようだ。
さて、前回は独身者には生命保険は基本的には不要という
話をしました。

それでは、養老保険と言われる貯蓄性の保険について、今日は
考えてみたいと思います。

貯蓄性があるということは、いわゆる掛け捨てではなく、例えば
満期の10年後に100万円がもらえるとかいうタイプですね。

なんとなくお金がもらえる、いつの間にか貯蓄できる・・・・
お得なような気がしますね。この養老保険が開発されてすぐも
結構なブームで人気のあった商品だと聞いています。しかし、最近では
それほどまででもないようですね。

というのも、ファイナンシャルプランナー的な考え方が一般化してきた
からだと思われます。というのも保険料のうち貯蓄に回っているのは
一部なのですがそれを貯蓄に回すより、別に積立かなんかをして銀行なんかで
貯蓄したほうがましだという考え方があるからなんですね。餅は餅屋で
というわけです、金を貯めるんだったら保険でではなくて銀行でやれや!
という発想に基づいているんです。

たしかに、それはそれで一理あります。わざわざ保険商品で貯蓄する意味は
余り無いからですね。

でも、私はそれもありかなと思います。というのも、保険で貯蓄しようという
方は、自分で銀行で貯蓄するのはなかなか難しいタイプのひとが多いと思うんです。
銀行に入っていると、比較的簡単におろせますからね。保険なら、解約とか貸付
を受けることになりますから、なかなか手を付けにくい・・・

そういう意味では、保険商品で貯蓄するのも、少し無駄にはなりますが、ありじゃないか
と思うのです。大切なのは、自分のライフスタイルにあった保険の選び方、保険の内容を
しっかりと考えて選択する、そういう姿勢なんですよね。(あまり無駄があれば、それは
それで考える必要がありますが)

いずれにしても、「保険は大きな買い物」ですから、「内容はよくわからない」なんて
いうのではなくて、ある程度理解し、納得して選択するようにしましょう。
保険外交員さんにおまかせなんて、もってのほかです。どうしても若いきれいなお姉さん
に勧められると格好付けて「即決」する人もいるようですが(笑)しっかりと説明を
してもらったほうが、お姉さんの勉強にもなりますし、なにより少しでも多くの時間を
過ごせますからね。(笑)
1回1000円から積み立てできる銀行も

ラクして貯めたいなら自動積立を活用。
毎月、決まった日に、一定額を定期預金に預けてくれる銀行の自動積立定期。
活用していますか? 手間をかけずにお金を貯めたい人に、おすすめです。

1回あたりの最低積立額は、銀行により、1000円以上だったり、5000円以上だったり、1万円以上だったり。
最初は無理をせず、これくらいなら大丈夫という金額で始めましょう。コツコツ続けるうちに少しずつ貯まっていきます。
たとえば、毎月1万5000円の積み立てなら5年後に90万円、毎月2万円なら5年後には120万円になります。毎月3万円なら3年後に108万円となり、お金を貯めるときの最初の壁といわれる100万円を3年弱で突破できます(いずれも利子は考慮せず元本のみの金額です)。


定期預金でお金の目的を可視化する
昨今は低金利なので、定期預金にしてもたいして利子もつかないし、普通預金に置きっぱなしでいいと思う方もいるかもしれません。
しかし定期預金にすることの効能は、金利だけではありません。定期預金=貯めるお金、普通預金=生活用のお金、と目的別に分けられることです。
口座と、そこに入っているお金の目的の可視化ができるのです。また、いつでも引き出せる普通預金よりも、満期まで引き出せない定期預金の方が、取り崩しにくいというメリットもあります。

申し込みは窓口か郵送で
ネットバンキングでいろいろな銀行取引ができるようになりましたが、自動積立定期の申し込みはネットバンキングではできず、窓口か、書類を郵送という銀行が多くなっています。
ちょっと面倒なのはそこだけ。でも1回手続きをすれば、後は自動的に普通預金から定期預金に振替えられるので、忘れていても貯まっていきます。また、いったん手続きをして積立口座を作ったら、ATMなどでいつでも追加の積立をできる銀行がほとんど。

メインバンクの総合口座にセットする
自動積立は普通預金からの振替なので、普通預金に残高がないとできません。
確実に普通預金にお金があるといえば、メインバンクとして使っている銀行の、給与振込み直後の時期ですね。メインバンクなら、お金を動かす手間もかかりません。
メインバンクで、給与振込み日から2~3日以内にセットするのがコツ。

自動積立定期は、都市銀行や地方銀行ならほとんど取扱っていますから、あとはあなたの決心と手続きだけ。
ネット専業銀行の中では、ソニー銀行が取り扱っています。是非利用してみてはいかがでしょうか。


なぜ、日本は大変な事態なのに円高なのか。

FX等をやっている方も増えていると言うが、東北の大震災直後から、円高が進行し、「なぜ?」と思われている方も多いと思う。しかし、これは為替の世界では、ある意味常識となっていることである。というのも、阪神・淡路大震災の際も急激な円高が進行したという過去の歴史があるのだ。

日本は、例えでは、国民一人当たりに換算した場合の借金が800万円ぐらいだとか言われており、債務が巨大なことでも有名である。と、同時に、世界各国に巨大な債権をもっている、一大債権国なのである。事実、アメリカの国債についても、長らくナンバーワンの保有国であるのだ。保険会社は、今回の震災で膨大な保険金を支払わなければいけないことが予想される。この保険金の原資を準備するためには、海外に保有する資産を売却することが当然の結果となる。当然この過程の中で、円が買われることになるため、それを見越して円高に動いているというのだ。

とはいえ、為替はそう簡単に一方に動くものではなく、ドルも最弱通貨になりつつあり、かなり売られていたり、前述の理由を上回るリスクが日本にはあるということで、円も売られたり、混沌としてきた。

やっぱり為替って難しいですね。まぁ、簡単だったら、誰でも勝てるのだけど(笑)


いろいろなお店で現金還元の代わりに、ポイントを
付与するところが多いですね。

ヤマダ電機やヨドバシカメラとかの量販店が多いようですが、
このポイント貯めたほうがいいのか?その都度使うほうがよいのか?

少し面倒ですが、計算をしてみるとわかります。

例えば、1万円の商品を買うとします。10%のポイント還元で
1000円のポイントがつきます。これを10回繰り返します。

 10万円(購入合計)の買い物をして、ポイントは1万円分ですね。
 差し引くと、実質90000円で購入したことになります。

これに対して、1万円の商品をまず買って、10%のポイントがつき、
次回の買い物でそのポイントを使うとします。

 2回目 9000円で買って(1000円ポイント使用)付与された
     ポイントは、900円分

 3回目 9100円で買って、付与されたポイント910円分

 4回目 9090円で買って、付与されたポイント909円分

 途中は省略しますが、購入合計が、91736円、ポイント残りが909円分
 差し引き90827円の出費ということになります。
 
つまり、貯めて行ったほうが得になるという結果でしたね。ただし、残ったポイントを
使う当てがなければ、得したことにはならないし、また、せっかくポイントを貯めていても
それが使えない状況(店が潰れるとか)になるリスクもあります。

常にそのへんのリスクも考慮に入れて、最善の行動を選択しましょう。


意外と知られていないようですが、地方公共団体が
エコプラザやリサイクルセンターなるものを運営
しています。

廃品として回収したものなどを再利用しようと、
販売したり、無償で配布したりしていますね。
思わぬ掘り出し物がありますよ。

私は、子供用の学習机をいただきました。
ものすごく綺麗でした。
(あまり、勉強されていないとのことでした。(笑))

せっかくですから、活用しないともったいないですよ。
知って得する!おもしろ雑学365  2011年カレンダー知って得する!おもしろ雑学365  2011年カレンダー
()
不明

商品詳細を見る
消費者金融の会社の中には、7日間無利息という
ようなところがあります。
ノーローンとか、ですね。プロミスもやってたかも
しれません。
30日借りてもそのうち7日分は無利息ということ
なんでしょうか。

ただ、この無金利ローンは、結局30日ぐらい借りて
しまうとほんのちょっとだけ金利は安くなりますが、
メリットはほんのちょっとだけですね。

しかし、この無金利ローンの使い道はそのようなもの
ではありません。とっさの資金需要の際に使うのが
ベストです。

というのも、土曜日とか日曜日に急に現金が必要に
なることがありますね。一般的な銀行で引き出そうと
すると、210円の手数料が引かれます。210円の
利息をもらおうと思っても、この低金利時代には
なかなか難しいものです。それも、数回にわたるので
あれば、その都度210円ですからね。馬鹿になりません。

そんな時に、7日間無利息を使うわけです。急に必要に
なったときだけ、使用して、平日にちゃんと銀行から
下ろして返金をする。これが正しい使い方ですね。

若干似ていますが、海外で現金を両替するときは、
空港や銀行や街中の両替所がたくさんあって、それぞれ
手数料やレートが違いますね。割高になることも
結構ありますよ。そこで、クレジットカードでキャッシング
をするという方法もあります。キャッシングの金利
の方が安い場合があるからです。自分の持っているカード
の金利などを渡航する前にチェックしておくとよいでしょう。

以上、金利にまつわるおはなしでした。


↑これは驚きの30日間ですが、各種条件をご確認ください。


↑おまとめで金利を一本化

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。