QLOOKアクセス解析 ---------------- 携帯でパチンコゲーム
ニュース、芸能、法律、生活に関する情報をタイムリーに
■知らないと大損する!知識武装で乗り切るぞ!メルマガ版の紹介
 知らないと大損する!知識武装で乗り切るぞ!のメルマガ版ができました。

 ★まぐまぐで運営しています。
   ブログで書けないことやもっと掘り下げた耳寄りの情報を集めています。
   真の意味で知識武装をしたい方にとっては、絶対に役立つ情報です。
   登録はトップページからお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気グループ嵐が「三億円事件」だ!なんと東北地方に対して3億円の寄付を表明したのだ。すごいですねぇ。
相互扶助の観点からすれば、稼いでいる人がそれだけ寄付するというのは、論理的には当然のことですが、実際にすることは難しいですからね。AKB48といい、嵐といい、もちろん話題作りという事もあるでしょうが、素晴らしいことだと思います。
【送料無料】ニッポンの嵐 ポケット版

【送料無料】ニッポンの嵐 ポケット版
価格:1,050円(税込、送料別)


以下、デイリースポーツより

人気グループの嵐が、メンバーで企画・取材した書籍「ニッポンの嵐 ポケット版」の収益と印税などを合わせた3億円を、出版元の会社と共同して東日本大震災の復興支援のために寄付したことが3日、分かった。岩手、宮城、福島の東北3県に、それぞれ1億円ずつ寄付。5人は国土交通省・観光庁から「観光立国ナビゲーター」に任命されているとあって、被災地の観光業と教育に、“善意の心”が活用されることを希望しているという。

 「ニッポンの嵐 ポケット版」(税込み1050円)は、6月に発売され、10月末までに売り上げ42万部を突破。メンバーが列島各地を取材して、日本の伝統文化や魅力を1冊の本にまとめ、話題となった。

 もともとは、嵐が観光立国ナビゲーターに就任したことをきっかけに、昨年9月、全国の小中高など約4万校に2冊ずつ寄贈した非売品。東日本大震災の発生翌日、メンバーが「自分たちにできることは何か」を考えた結果、導き出した答えのひとつが、購入希望の声が多かった同書をチャリティー目的で一般販売することだった。

 結果、本はベストセラーを記録し、気持ちのこもった支援へと結びつけた。本の収益と、メンバー5人に割り当てられるはずだった約5000万円の印税に、6月に東京ドームで開催したチャリティーイベント「嵐のワクワク学校」の関連グッズ(入場料を除く)の収益を加えた、3億150万円を被災地へと寄付することができた。

 嵐にとって『11・3』は、12年前にCDデビューを果たしたメモリアルデー。関係者によると、祝祭日の関係で、その前日となる2日に、本の発売元「M.Co.」を通じて、岩手、宮城、福島の3県に、1億50万円ずつ寄付金を届けたという。メンバーは震災後、それぞれがプライベートで東北各地を訪れて、被災者を勇気づけてきた。5人は国民的人気をほこる“日本の嵐”として、これからも復興支援へ力を尽くす。
スポンサーサイト
スーパー敷地の掘り起こしが始まっているが、どうやらアスファルトの下の放射性物質は、先日の民家床下から発見されたラジウム226ではないかという見方が強まっている。放射性物質の種類を特定するのは波形であるらしいのだが、どうやらその形が226の可能性が高いことがわかった。とは言うものの今のところ何が埋まっているかはわかっておらず、慎重に掘削を進めている。可能性としては、医療器具や先日と同じく蛍光塗料が考えられるが、果たして何が出てくるのか?現代のここほれワンワンは、緊張の高まるそれである。

以下、日テレ系ニュースより

東京・世田谷区八幡山のスーパーの敷地などから高い放射線量が検出された問題で、アスファルトの下に埋まっている放射性物質はラジウム226である可能性が高いことが明らかになった。

 文科省によると、専門業者が1日朝から現場のアスファルトを剥がして土壌を掘削したところ、放射性物質の種類を示す波形が観測され、地中に埋まっていたのはラジウム226である可能性が高いことが明らかになった。

 ラジウム226は、先月、世田谷区弦巻の民家の床下からも見つかっている。ラジウムは、かつては蛍光塗料の材料や医療器具などに使われていたが、今回の物質がどのような経緯で埋まっていたのかはわかっていない。
ウッドフォード前社長を解任し、会長兼社長に就任していた菊川氏が、平取締役に格下げとなる人事を発表した。一連の過去の企業買収等に伴う混乱の責任を取って、という理由のようだが、全く不可解と言うか不自然と言うか・・・
これから当局の捜査も考えられる時期だけに、この人事はちょっと考えられない。せっかくいい商品を作っている会社だけに非常に残念でならない。私事ではあるが、オリンパスのカメラは大好きで、本当にいつも手放せないパートナーになっている。また、オリンパス製品ファンに対して、非常に心遣いが嬉しい、一人ひとりのユーザーを大切にしてくれている感じもする会社である。にも関わらず経営者のこの体たらくはちょっと我慢できませんね。
しっかりしてくださいよ!技術力が泣きますよ、オリンパスさん!

以下、時事通信より 

オリンパスは26日の取締役会で、菊川剛会長兼社長が同日付で代表権を返上して取締役に退き、高山修一取締役専務執行役員が後任社長に就く人事を決めた。交代理由について「(過去の企業買収などをめぐる一連の混乱で)各方面にご心配、ご迷惑をおかけした」などと説明している。
 高山新社長が26日午後5時半、都内のホテルで記者会見する。 
地球はどうなってしまったのか。トルコでも大地震だ。

以下、時事通信より

【エルサレム時事】トルコ東部で23日発生したマグニチュード(M)7.2の地震で、被災地を訪問したエルドアン首相は同日、死者138人、負傷者350人に達したことを明らかにした。死者数はさらに増える見通し。ロイター通信によると、がれきの下敷きになったとみられる行方不明者は300~400人に上るという。
 被災地では強い余震が続いている。M6を超える余震も発生しているが、被害の大きかったワン市や近郊のエルジシュでは救出作業が夜を徹して行われている。
 AFP通信によると、エルジシュでは大通り沿いで多くの建物が崩落し、8階建てのアパートも倒壊した。住民の多くは屋外で夜を過ごさざるを得なくなっているが、夜間の気温は3度程度まで冷え込んでいるという。
 トルコ当局は38都市から救助隊を集めて派遣。トルコ軍からも6大隊が捜索活動に参加したほか軍輸送機がテントや食料などを被災地に運んでいる。 
CNNが報じているが、リビアで40年超に渡って、独裁制を敷いてきたカダフィ大佐が死亡したというニュースが流れている。

 リビアの国民評議会(NTC)は20日、最高指導者だったカダフィ大佐が死亡したと、中東の衛星テレビ、アルジャジーラを通じて伝えた。

しかし、カダフィ大佐は拘束されたとの情報もあり、CNNはこれらの情報について正式な確認はとれていない。
原発事故と関係がないとわかり、一安心ですが、新たな謎が・・・。
なんで、民家にラジウムの入った瓶があるのでしょうか?なぜ、床下にあるのでしょうか?誰が放置したのでしょうか?恐ろしい話ですよね。どこに何があるかわからない時代ですね。ガイガーカウンターも買わなくちゃいけないのでしょうか。安物は効果ないというし・・・
うーん、困った話ですわ。

以下、共同通信より

東京都世田谷区の区道で局地的に高い放射線量が検出された問題で、保坂展人区長は13日夜、区役所で記者会見し、区道沿いの住宅の床下にあった瓶の付近から毎時30マイクロシーベルト以上の高い線量が検出されたと発表した。区から通報を受けた文部科学省は瓶の中の物質を調査し、ラジウムとほぼ特定。原発から放出される放射性セシウムなどとは異なるため、同省は原発事故とは関係ないと断定した。
信じられないニュースだ。体調不良が原因でアップルのCEOを辞任していたアップルの生みの親、天才スティーブ・ジョブズ氏が死去したというのだ。巨星墜つという表現がふさわしいだろう。
アップルⅡに始まり、Macintoshを開発し、一時的にアップルから離れていたものの待望論から復活し、再びiPod、iPhone、iPadでアップルの人気を不動にした立役者、まさに天才!

彼のプレゼンテーション能力にも皆が舌を巻いたものだった。

彼ほどの天才がいただろうか?
残念でならない。

以下、産経新聞より

米電子機器大手アップルの創業者、スティーブ・ジョブズ氏が死去した。56歳。ジョブズ氏は体調不良を原因に8月に米アップルの最高経営責任者(CEO)職を辞任していた。

 ジョブズ氏は1976年にアップルを共同創業し、パーソナルコンピュータ「Apple」や「マッキントッシュ」などを発表、同社を世界的な企業に押し上げたが、社内的な対立で85年に退社。86年に設立したピクサー・アニメーション・スタジオは、多くのヒット作を出して、世界屈指の映像制作会社となった。

 97年、経営悪化で苦しむアップルの経営トップに復帰し、2000年には最高経営責任者(CEO)に就任した。復帰後は斬新なデザインのパソコン「iMac」を大ヒットさせ、携帯型デジタル音楽プレイヤー「iPod」で音楽事業をパソコンと並ぶ事業の柱に育てるなど、業績を急回復させた。

 その後も、07年に発売したスマートフォン(多機能携帯)「iPhone」、10年のタブレット型情報端末「iPad」と、革新的な製品を次々と世界に送り出し、同社をパソコン大手から、デジタル家電やメディア配信事業を含むIT企業の雄へと変貌させた。11年4~6月期決算では売上高と最終利益で過去最高を更新、アップルは株式時価総額で世界最大のIT企業となった。

 一方で、04年に膵臓がんが発覚。半年程度の療養後、仕事に復帰したものの、11年1月から再び病気療養で休職し、8月にはCEOを辞していた。


以下、デイリーより

6日のAP通信によると、8月に米アップルの最高経営責任者(CEO)職を辞任したスティーブ・ジョブズ氏が死去した。
なんとこのほど発表されたiPhone4Sのデータ通信速度がソフトバンクとauで大幅に違うことがわかった。両者ともに認めていることである。とはいえ、単純にカタログスペック通りの速度が出るとは限らず、両社の差は、ほんの僅かになるのでは?という説もある。しかし、これだけ異なると、ちょっと・・・

以下、毎日新聞より

米アップルが5日発表した「iPhone(アイフォーン)4S」の国内でのデータ通信速度は、ソフトバンクモバイルが販売する機種が下り最大14.4Mbps(単位は毎秒メガビット、以下同じ)なのに対して、KDDI(au)が3.1Mbpsと差があることがわかった。ソフトバンクの孫正義社長が同日午後4時ごろ、簡易投稿サイト「ツイッター」での質問に答えて明らかになり、両社とも認めた。ただ、いずれも理論上の最速値で、実際にはつながりやすさなど通信環境で変化する。


 4Sは、高速通信の規格である「HSDPA」に対応しており、同じ方式が使えるソフトバンクの方が通信速度が速くなる。米アップルは「HSDPAの利用と速度は電話会社のネットワークに依存する」と発表していた。

 通信速度は、ソフトバンク版(W-CDMA、HSDPA)が下り最大14.4Mbps、上り最大5.76Mbpsだ。一方、au版(CDMA EV-DO Rev.A)は下り最大3.1Mbps、上り最大1.8Mbps。4Sは、国内でソフトバンクとKDDIの2社から発売されるが、両社とも料金や端末の詳細については、5日午後5時現在でまだ発表していない。【毎日jp編集部】
最近飛行機のちょこちょこ乗っているので、他人事ではないという感じですね
背面飛行ということは、飛行機が180度回転。シートベルトをしていなかったら、座席から真っ逆さまに落ちる危険性もあったわけです。以前エアポケットに入った時、私はクビを痛めました。むち打ちみたいな症状でした。CAさんにシップをくださいと言ったら、すぐに持ってきて下さいました。しばらく貼っていたら、と言っても2日ほどですが、治りましたが、気流の関係でかなり不安定な進み方をすることもありますね。注意が必要ですね。

以下、スポニチより

那覇発羽田行き全日空機が6日夜、浜松市沖で急降下したトラブルで、同機が一時、高度1万メートルでほぼ上下逆さまの背面飛行をしていたことが28日、運輸安全委員会の調査で分かった。機首は最大で35度、下向きになっていた。客室乗務員2人が軽傷を負ったが乗客にケガはなく、外が暗かったことなどから、乗客は背面飛行に気付かなかったとみられる。

 トラブルが起きた全日空140便ボーイング737―700(乗客乗員117人)は、全日空グループのエアーニッポンが運航。6日午後10時50分ごろ、機長がトイレから操縦室に戻る際、副操縦士がドアの解錠スイッチと方向舵(だ)の調整スイッチを取り違えて操作したため機体が傾き、高度約1万2500メートルから約30秒間で約1900メートル急降下。2つのスイッチは10数センチ離れている。

 安全委の後藤昇弘委員長によると、フライトレコーダー(飛行記録装置)の解析から、機体は最初に少し右に傾いた後、左に傾いて降下。さらに左に傾き続け、最大131・7度となり、背面飛行に近い状態となった。

 副操縦士が機体の体勢を立て直し終えた時、機首の方位は、当初の進行方向とはほぼ反対になっていたとみられる。急降下の間、機体の内外に最大で地上の2・68倍の重力がかかっていた。

 全日空によると、客室乗務員2人が軽傷を負ったが、乗客にケガ人はなかった。ただ、トラブル公表後に乗客112人のうち102人と連絡が取れ、うち6人が首の痛みなど体調不良を訴えた。

 後藤委員長は「乗客は着席していたとみられ、遠心力で座席に吸い付けられるような格好になり、影響が少なかったのではないか」と指摘。「夜間で外の景色が見えず、背面飛行に気付かなかった可能性もある」と説明した。安全委は、副操縦士の操縦について、スイッチの誤操作のほか、体勢を立て直そうとした操作にも問題がなかったかさらに調べる。

 全日空の長瀬真副社長は28日夜、国土交通省で会見し「お客さまに多大のご迷惑とご心配をかけ、深くおわび申し上げます」と謝罪。背面飛行という異常なトラブルについて「通常の姿勢を大きく逸脱した認識はあったが…」と歯切れの悪い応答を繰り返した。全日空は9月7日付で、森本光雄副社長(グループ総合安全推進室担当)や、エアーニッポンの内薗幸一社長ら4人を厳重注意。トラブル機の機長と副操縦士は乗務停止中という。
iPhoneをKDDIが販売するとのニュースが流れたが、実は、すんなり行くかどうかは微妙だという。
果たしてどうなるのか。

以下、サイゾーより

「米アップルが今秋にも発売する『iPhone5』を、KDDIが日本で販売することが判明した。日本では初代iPhoneから3年間続いたソフトバンク(SB)による独占販売体制が崩れる」(以上、9月22日付け日経ビジネスオンラインより)

 日経ビジネスオンラインが報じた「KDDIがiPhone5参入」の記事が波紋を呼んでいる。その後、日経本紙や他メディアもこぞって追随し、この結果ソフトバンクの株価が下落するなどの騒ぎになっている。これまでiPhoneといえば、国内ではソフトバンクモバイル1社の独占販売。報道が事実なら、スマートフォン市場で出遅れたKDDIの大幅な巻き返しが予想される。

 しかしこのニュース、関係者の間では真偽のほどを疑う声も少なくない。第一報を報じた日経ビジネスオンラインも、それを後追いした一般紙も、情報ソースを明らかにしているところは一社もないからだ。場合によっては、各メディア総ぐるみの世紀の大誤報ということにもなりかねない。KDDI側は「当社からアナウンスしたものではないから、コメントのしようがない」(広報部)、「メディアさんが勝手に言っているだけでこちらは何も聞いていません」(都内auショップ)の一点張り。ライバル会社であるドコモのある関係者は、今回の報道のソースについて「日経ビジネスオンラインの記者が個人的なコネクションでKDDIの関係者から聞き出したということでしょう。政治記者が個々の情報ソースを秘書や代議士に持っているのと同じです」と推測するが、「事実かどうかは課内でも懐疑的」だという。

 これについて、「可能性は極めて高い」と言うのは、ITジャーナリストの石川温氏だ。

「22日の報道を知った後に、私も複数の関係筋に確認したのですが、その感触では信ぴょう性は非常に高いというのが実感です。今のところ、誤報という結果にはならないと感じています」

 発売時期を日経ビジネスオンラインが「11月」と報じた点については(他メディアは「年明けの可能性」とも報道)、アメリカでのiPhone5発売時期と関係しているという。アップルでは北米におけるiPhone5の発表を10月4日に、発売を中旬ごろに開始するとしており、日本のソフトバンクもこのスケジュールに準ずることが予測される。KDDIの「11月」は、これに極力近づけたいという意思の表れだというのだ。

 KDDIは現在、Cメールをグローバル機種でも送受信できるように、メッセージングサービスを国際規格であるSMS/MMSに対応させようとシステムの改修を進めており、この完了が来年1月ごろといわれています。それを待ってiPhone5を発売するのか、前倒ししてソフトバンクのスケジュールに合わせるかという判断だと思います」

 ただ、課題も残されていると石川氏は言う。

「当然ながら、料金体系もキャンペーンもアップルが仕切る形になりますし、相当量の販売ノルマも課せられる中で、KDDIが主導権を握れるかという懸念があります」

 また、ユーザーの増加でネットワークのキャパシティーにも不安が残る。

「iPhoneユーザーがau利用者に拡大すれば、ネットワークも当然ながらひっ迫します。結果的に今のソフトバンクと同じくらい、つながりにくい状態になる可能性も否定できません」

 一方、「今回の報道はあまりにソースがあいまい」として、情報自体の信ぴょう性を疑うのは、モバイル業界に詳しい武蔵野学院大学准教授の木暮祐一氏だ。

「交渉自体はauもドコモもアップルとはしてきているはずですから、その意味ではどちらも可能性がゼロということはありませんが、現時点での報道内容を見る限り、懐疑的にならざるをえませんね」

 また、KDDIの社風という観点からも疑問を呈する。KDDIは自社のビジネス目的の達成のために、メーカーや販売店に制約をかける傾向が、他のキャリアより非常に強い企業なのだと木暮氏は言う。

「この26日に発表されたモトローラ社の『PHOTON(ISW11M)』は、本来は世界中で通信ができるようにさまざまな通信システムを搭載するように設計された機種なんです。ところが、今回KDDIを通して発売するにあたり、ドコモやソフトバンクが採用しているW-CDMAや、国際規格のGSMを外してしまった。完全に国内使用限定モデルにしてしまったわけです。SIMカードを外して海外などで使わせないようにとの意図なんでしょうが、設計段階の思想を崩壊させてまでも、わざわざコストをかけてユーザーの利便性に反することをする。そういう企業文化の会社が、果たしてiPhone5を扱えるのかという疑問は残ります」

 さらに、今回の一連の報道のソースがKDDIからのリークであった場合、契約に厳密な米アップルが黙っているかという問題もある。

「アメリカでは機密保持契約に対する概念が、日本とは比較にならないくらい厳しい。過去にも海外で、アップルと提携した経営者が記者発表の前日にポロっとしゃべってしまい、それで契約破棄になったという事例もあります。国内でも過去にドコモの山田社長が『iPadで使えるSIMを提供する』としゃべってしまい、後日撤回する騒ぎがありました。仮に今回、KDDIが本当にアップルと合意に達していたとしても、この大騒ぎをアップルがどう見るかというのは、今後注目すべきところでしょう」

 KDDIは26日、スマートフォン秋冬モデルの新作発表を都内で行ったが、記者からのiPhone5に関する質問に対しては、予想通りノーコメントを通した。

 冒頭でコメントしたドコモ関係者があきれ気味に言う。

「そもそもKDDIは脇が甘い会社でしてね。ドコモ以上に官僚体質というか、頭が固い会社の割に、口が軽い方が比較的多いんですよ(笑)。記者からドキっとする裏情報を聞いたときは、たいがいソースがKDDIだったりする。今に何か大きな問題に発展すると噂していたんですが......」

 今回の報道で多くのauユーザーが歓喜したことは想像に難くない。しかし、彼らの手にiPhone5が届くまでには、まだまだ多くの紆余曲折を経る必要がありそうだ。
あゆ、こと浜崎あゆみがミュージックステーションをドタキャンしたが、もともと出演しないのではと囁かれていただけに、想定内だったという説もある。真相はどうなのか?

以下では、演出内容と書かれているが、歌う順番についてももめていたという噂もある。
これまで歌姫としての自負もある彼女だけに、トリではなかったことに激怒したのだろうか?

以下、エキサイトより

歌手、浜崎あゆみ(32)が16日、風邪をこじらせて咽頭炎を発症し、仕事先の米国からの帰国便に搭乗できなかったため、テレビ朝日系「ミュージックステーション」(金曜午後8時)の25周年記念特番の生出演を辞退した。同番組では2008年12月にも、右手負傷によって出演を取りやめていて、ドタキャンは2度目。
 関係者によると、特番の演出内容などをめぐって、事前に「出演できないのでは」などの情報が飛び交っていたが、局側との話し合いは解決していたという。

なでしこジャパンが復興のために立ち上がる。夢先生プロジェクトで、沢、川澄、宮間が先生として登場する計画が浮上している。

以下、スポニチより

東日本大震災復興支援を目的とした「スポーツこころのプロジェクト 笑顔の教室」の発表会見が14日、都内で開かれた。アスリートが被災地の小学校で教壇に立ち、震災で心を痛めている子供たちに元気を与えるというプロジェクト。講師役の「夢先生」には、なでしこジャパンのMF沢穂希(33=INAC)、FW川澄奈穂美(25=同)、MF宮間あや(26=岡山湯郷)らがリストアップされている。

 ロンドン五輪出場を決めて、ますます注目度が高まるなでしこジャパンの面々が被災地の子供たちの“先生”になる。

 このプロジェクトはさまざまな競技のトップアスリートらが東日本大震災で被害が大きかった青森、岩手、宮城、福島、茨城、千葉の6県の小学校を訪問し、小学5、6年生と触れ合いながら勇気づけることを目的とする企画。第1回はサッカー元日本代表のラモス瑠偉氏(54)が講師を務め、今月21日に岩手県大船渡市の小学校で実施。6県の542校を対象に今後5年続ける予定で、来年3月末までに約300回実施する。

 「こころのプロジェクト」はもともと日本サッカー協会が07年にスタートさせ既に約3000回の実績を積み重ねてきた。震災を機に日本体育協会とタッグを組んで被災地で展開することになった。日本協会の川淵三郎名誉会長(74)は「東日本大震災が起きて、今を逃してスポーツ界が一体となってやる機会はない」と強調した。

 講師には女子マラソン五輪メダリストの有森裕子さんら豪華な顔ぶれがそろうが、注目はやはりなでしこの面々。沢、川澄、宮間、大野、近賀、永里優、福元の7選手と佐々木監督が「夢先生」候補に名を連ねている。

 今月23日にはなでしこリーグが再開。12月3日には全日本女子選手権も開幕することから、協会関係者は「クラブとの兼ね合いもあり具体的なことは決まっていない。参加は来年以降でしょう」と説明しており、時期や開催地は具体化していない。ただW杯時にも被災地の映像を見て「被災者に勇気を与えたい」との思いを胸に戦い優勝しただけに調整がつけば実現の可能性は大きい。沢は日テレ時代に都内で、川澄も兵庫県内の小学校で「夢先生」を経験済みとあって戸惑いもない。なでしこたちが被災地の子供たちを癒やす言葉を紡いでくれるはずだ。
早くも経済産業大臣が”失言”だ。
「死の街」発言は、周辺住民の気持ちを逆なでするような言葉ではあるけれど、現実的にはそれほど間違ったことではないように思われるため、これだけであれば、ギリギリ許容範囲かなぁという気もします。しかし、その後発覚した「放射能つけちゃうぞ」のような発言は、東海テレビのセシウムさんと同レベルで、これは看過できない。

それにしても、民主党のメンバーはなぜこれほどまでに低レベルの方が多いのでしょうか。自分が大臣であるという自覚もないのでしょう。

以下、スポニチより

鉢呂吉雄経済産業相が9日午前の会見で、8日に視察した東京電力福島第1原発の周辺市町村について「“死の町”だった」と発言した。夕方の会見で陳謝したものの、夜になり、視察後に防災服を記者にすりつけ「放射能をうつす」という趣旨の発言をしていたことも発覚。野田佳彦首相は「不穏当」と強い不快感を示したが、野党は一斉に批判。13日召集の臨時国会でいきなり任命責任を追及されるのは必至だ。

 鉢呂氏は冒頭、視察した原発周辺について説明する中で、「残念ながら周辺市町村の市街地は人っ子一人いない“死の町”だった」などと淡々と感想を語った。

 これを受け、藤村修官房長官は会見で「周辺住民には多大な迷惑をかけている。言葉の使い方に配慮すべきだ」などとイエローカードを突きつけた。また、台風被災地の三重県紀宝町を訪問していた野田首相は「不穏当な発言ですね。謝罪して、訂正してほしい」と不快感をあらわにした。

 首相の発言とほぼ同時刻に会見した鉢呂氏は「大変誤解を与える表現だったと真摯(しんし)に反省し、この表現を撤回させていただき、深く陳謝を申し上げる」とした。さらに「午前中も話したが、あのような事態をわたし自身の原点にして、経産行政を、再びあの町に被災をされている皆さんが戻れるように、除染対策などを強力に進めていくということを申し上げたかった」などと沈静化に躍起になった。

 しかし、その後、視察を終えた8日夜に、報道陣の1人に防災服をすりつけるしぐさをし「放射能をうつしてやる」という趣旨の発言をしていたことが新たに発覚。この言動について鉢呂氏は記者団に「汚染で苦しむ皆さんのことについてマスコミの皆さんにも共有して(もらって)頑張って難局を乗り越えていきたいということでありますので。それは(発言は)ちょっとわたし、定かではありません」としどろもどろ。すりつけに関しては「親しい記者もいたこともあり、近づいていったのは事実だ」と苦しい弁明に終始した。一連の言動は「誤解を与える」というレベルで片付けられるものではなく、進退問題に発展しそうだ。

 野党からは「言語道断であり、感覚を疑う。国会で糾弾されるべき発言だ」(みんなの党・渡辺喜美代表)などと批判ラッシュ。13日に召集が決まった臨時国会で、野田首相の任命責任を追及する構えで、野田首相にとっては防戦一方の国会デビューとなりそうだ。

 ◇東日本大震災に関する政治家の主な失言 (肩書は当時)

 ▼東京都・石原慎太郎知事 大震災に関して「日本に対する天罰。津波で我欲を洗いおとせ」(3月)

 ▼菅直人首相 福島第1原発の周辺地域について「20年住めない」などと話したと松本健一内閣官房参与が発言。しかし、松本氏は翌日「私の臆測」と訂正。(4月)

 ▼松本龍復興担当相 被災地の岩手、宮城両県の知事と会談し「知恵を出さないやつは助けない」。強い口調が上から目線などと批判を受け、就任わずか9日目で辞任。(7月)
紳助の身の回りがすこしずつ明らかになってきた。黒い交際はないと引退表明の時に語っていたが、一昔前では、「なんで、(暴力団関係者と)付き合ったらいけないのか?」と真面目に言っていたという。
また、CMにも出演していた紳助だが、スポンサーから損害賠償を受ける可能性もあるという、紳助個人に行くのか、事務所に行くのか、これもまた難しいところである。いずれにせよ、事務所の方も監督責任があることは間違いがなく、無罪放免ということはないだろうが、引導を渡してでも縁を切らなければ、吉本本体が危ないという判断だったのでしょう。
吉本自体は、前田五郎氏やオール阪神・巨人あたりも黒い交際疑惑が囁かれていた。これもどっちつかずの状態であり、コンプラ委員会はその役割を果たしているのか?その誹りを受けても致し方ない状況である。

以下、ポストより 

暴力団関係者との親密交際を理由に、芸能界引退を発表した島田紳助(55)。これまでにも紳助の“黒い交際”については何度か報じられてきたが、2008年、ある雑誌のインタビューで紳助自身こう話している。
「正直いって、任侠道のかたとなんでつきあったらあかんのか、ようわからん」
 そのうえで暴力団の組長と顔を合わせたことはあるが、「交際は神に誓ってない」とも断言していた。
 しかし一方で、2007年6月、未公開株売買をめぐり、3億7000万円の詐欺と恐喝未遂の罪で、羽賀研二被告(49)と、元プロボクシング世界王者の渡辺二郎被告(56)が逮捕された事件で、紳助の名前が浮上している。捜査関係者はこう説明する。
「いまだ係争中なんですが、渡辺被告たちの事件捜査の過程で、渡辺被告と紳助が暴力団と関わりのあることをうかがわせるメールが出てきた。それが問題になったんです。吉本興業は、紳助が起こした傷害事件をきっかけにコンプライアンス(法令遵守)委員会を発足させたこともあって、事務所としても見逃すわけにはいかないでしょう」
 今回の件で、紳助が出演しているCMのクライアントは大騒ぎとなっているという。
「契約は終了していませんから、事務所は契約金に近い額を先方に支払わなければなりません。もちろん企業のイメージもありますから、この場合、損害賠償裁判になることもある。いま流れているCMを止めたり、差し替えたり、それは大変。大わらわですよ」
一般人になった島田紳助、芸能人としての最後の会見で「あるわけない」と強弁していた手紙と写真が存在していたことが警察関係者から明らかにされた。記憶違いなのか、確信犯なのか?

以下、スポニチより 

暴力団関係者との「親密な交際」があったことを理由に芸能界引退を表明した元タレントの島田紳助さん(55)と、同暴力団関係者が一緒に写真を撮っていたことが24日、明らかになった。05年に大阪府警が関係先を家宅捜索した際に写真を発見していた。紳助さんは23日夜の記者会見で、写真の有無について「あるわけないですから」と完全否定していたがこれを一夜にして覆された形だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。