QLOOKアクセス解析 ---------------- 携帯でパチンコゲーム
ニュース、芸能、法律、生活に関する情報をタイムリーに
■知らないと大損する!知識武装で乗り切るぞ!メルマガ版の紹介
 知らないと大損する!知識武装で乗り切るぞ!のメルマガ版ができました。

 ★まぐまぐで運営しています。
   ブログで書けないことやもっと掘り下げた耳寄りの情報を集めています。
   真の意味で知識武装をしたい方にとっては、絶対に役立つ情報です。
   登録はトップページからお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
列島節電ブームの中、扇風機がバカ売れしているらしいが、その中でも3万円を超すのに人気商品があるという。その秘密に迫ってみた

以下、ポストより 

テレビでは「節電」の話題がひっきりなし。近年にない扇風機ブームの中、消費電力がたった「3W」ということでお茶の間の話題をさらっている『GreenFan2』。作家の山下柚実氏が、人気の秘密に迫る。

 * * *
 欲しくても、実はなかなか手に入りません。店頭では軒並み在庫切れ、入荷待ち。ネット通販を検索してみても、売り切れ状態。

 驚くのは定価3万4800円と、扇風機としては高いお値段だ。といっても、流行のマイナスイオンや、1/fゆらぎなどの機能がついているわけではない。スマートなボディ。一見、何の変哲もないシンプルな姿。しかし、この装置から吹く風は、通常の扇風機とは違う、というのだ。

『GreenFan2』を考案したバルミューダ株式会社社長、寺尾玄氏(37)が語る。

「通常、扇風機の風はファンによって渦を巻いています。だから人工的で硬くて、長時間あたると不快です。扇風機の首を振れば、一瞬しか風が肌にあたらず、結果としては部屋の空気をかき回しているだけになってしまいます」

 では『GreenFan2』の風は?

「2種類の風がファンの前方でぶつかりあう時に、渦が消滅して、風の質が変化するんです。そこから、『面』で移動する風に変わります」(寺尾氏)

「面」で移動する風。それは自然の風に近い、という。だから、長時間気持ちよくあたり続けることができる。

「涼しいという感覚は、皮膚の熱を風が奪い続けることで生まれます。扇風機を使う目的って、『涼しさを得る』ことですよね? でも、本当にそうなっているのかなって、考えてみたんです」(寺尾氏)
スポンサーサイト
冷蔵庫は、かなり電気を食う電化製品として知られていますね。一昔前に比べれば、かなり節電にはなっていますが、このエコの時代ですから、更に節電を図りましょう。

以下、ポストより

家庭で特に電力消費量が多い家電といえば冷蔵庫。そこで、節約アドバイザーの和田由貴さんに、節電のためのテクニックを聞いた。

「夏は、冷蔵室は“スッキリ”、冷凍室は“ギッシリ”が鉄則。冷蔵室に食品を詰め込みすぎると、冷たい空気がうまく循環せず、冷えるのに時間がかかります。逆に冷凍室はギッシリ詰まっていたほうが凍った食品同士がお互いを冷やし合うので冷却スピードがアップ!」

冷蔵室は、食品を5~7割にするのがコツだ。「食品をギュウギュウに詰め込まなければ、設定温度は『中』で充分。取り出したい物がすぐに見つかり、開閉時間も短くなります」
あまり知られていないかもしれないが、大手企業の中で工場を持っているようなところは、自家発電設備を持っているところが多い。小型の火力発電所を建設し、その電力で工場の電力を賄うほうが、コストが安いからである。まぁ、それほど大きいものではないからだろうが、これまでそれが問題になってはいなかったのだが、原発事故の後、エネルギーをどうやって供給すべきかについては、議論が真剣になされるようになって、果たして電力会社の電気代というのが妥当なのかに、国民の目が向きつつある。

郵政民営化が議論されたときに、良く出てきた言葉がユニバーサルサービスという言葉である。要するに、国営のような企業の場合は国民に対して平等にサービスを提供する義務があるということだ。端的な例がはがきなら50円で、日本全国のどこでも届くというあれである。電力も民間企業とはいえ、ある意味公営企業のようなものであるため、エリア分けはあるにしても、日本の隅々まで同様の金額でサービスを提供しなくてはいけないという”言い訳”がなされることであろう。しかし、それを民間企業が自前でした場合と比較してかなりの差が出るのであれば、企業努力が足りないと言われても仕方がないであろう。そもそも電力会社の場合は、人件費がかなり高い!高すぎる。この辺に関しては、あまりおおっぴらには言えない部分もあるので、メルマガの方に譲ろうと思うが、一般の感覚では考えられないぐらいの高給取りなのだ。役員クラスになれば、言うまでもない。そもそも経費で十分使えるのであるから、給与はもっと抑えてももいいぐらいだ。

話がそれたが、自前の発電所を持つことを考えれば、かなり電気代も安くなってくる。個人ではさすがに難しいかもしれないが、企業は検討の余地があるのではないだろうか。

以下、ざくざくより
 

発電を行うのは電力会社だけではない。鉄鋼や化学、製紙など、石油や石炭などを大量に使う製造業では、発生するガスや蒸気などを利用して発電をしている。また、製紙会社では紙パルプの廃液である黒液を燃料として有効活用している。昭和電工や王子製紙、JFEスチールなど53の企業・団体からなる「大口自家発電施設者懇話会」によれば、会員企業の発電総量は1779万5000キロワット。その規模は四国電力や北海道電力以上、東北電力に匹敵するほどのものだ。同懇話会が2005年10月、経産省の総合エネルギー調査会に提出した資料によれば、「会員企業の36%が電力取引市場への参加に意欲的」だという。

「実際、自家発電の余剰分は企業間で売買されています。こうした電気の小売業者をPPS(特定規模電気事業者)と言い、最近は自治体でもPPSから電気を買うことを検討しているところが増えてきました」。そう語るのは、東京・立川市市議の大沢豊氏。

「立川市では、2010年度に市営の競輪場の電力購入先を東京電力から火力PPSのサミットエナジー社に切り替えました。PPSは企業努力しているため、全体的に価格が安めです。立川競輪場では、それまで年間6200万円だった電気代が4500万円になりました。25%も節約できたのです」。価格が安いのは魅力だが、PPSは電力を安定供給することができるのだろうか? 大沢氏は「需要が伸びれば、PPS側も安定的に電力を確保できるようになるでしょう」と答える。

「今は発電プラントのシェアでPPSは全体の4%、東京では7~8%にすぎません。現在、一般家庭など50キロワット以下の層は、電力会社の高い電気を買うしかないのですが、もしPPSを選べるように制度が変われば、市場は大きく変わると思います」(大沢氏)

 しかし、火力発電が増えると、地球温暖化の要因となるCO排出量が増加してしまうのでは?

「立川市議会でもそれが議論になったのですが、実はCO排出係数を比較すると、東京電力もPPSもあまり変わりはなく、むしろ排出係数が低いところもありました。都の入札では、CO排出を低く抑えることが条件となっているため、各社が企業努力したのでしょう。今後は火力だけでなく、自然エネルギーの電気を売るPPSも増えるかもしれません」(同)
ペットボトルを使った節電・節水などの節約をご紹介しよう

まず、トイレのタンクに500mlぐらいのペットボトルに水を入れたものを沈めておく。必要以上の水がタンクに入ることを防ぎ節水になるという。(メーカーや種類によってはならないことも。)

ペットボトルにお茶を入れて凍らせておく。これを飲水として利用する。外出するときなども持ち歩くとよい。無駄なお茶を買うことを防ぐ。保冷バッグに入れておくとなお良い。


ペットボトルに水を入れて凍らせておき、扇風機の前に置いておく(詳細は後述)。ひんやりとした冷気が漂う。

ペットボトルに水や砂を入れて、ウエイトトレーニングに使う。体から脂肪分を減らし、代謝を良くする。

以下、ポストより

この夏、目標の15%節電のため、例年以上に扇風機を回すようになったという人も少なくないに違いない。節約アドバイザーの丸山晴美さんもそのひとり。

 ただし、たんにエアコンと併用するだけではない。2リットルのペットボトルの8分目まで水を入れて冷凍庫で凍らせ(いっぱいに入れると、水が凍ったときペットボトルが破裂することがあるので注意)、下に皿を敷いて扇風機の前に置く。扇風機からの風が涼しく心地よい。

「ひとり用ならペットボトル氷柱がいちばん快適。寝るときは凍らせたペットボトルをタオルで包んで抱き枕のようにしてもかなり涼しいです」(丸山さん)

 丸山さんはエアコンもつける。頑なに節電するのは心身によくないという。

「節電をストイックに追求して熱中症になったら本末転倒。『命は電気より軽いのか』ということになってしまいます。体を壊すような節電はやめるべきです。エアコンの温度を少し上げて扇風機を使うとか、日中、カーテンを閉めてみる。エアコンに罪悪感があるなら図書館などに出かけて涼む。これまで当たり前にしてきた“快適”をゼロにするのではなく、“やや快適”にするだけでずいぶん違うんです」(丸山さん)

 28度でなくてもいい。昨年よりもエアコンの設定温度を2度上げれば、それで約10%の節電が見込めるという。
原発事故の影響もあり、今年は、エコに気をつけて、できるだけ電気を使わないようにしようという動き、いわゆる節電に拍車がかかりそうだ。エアコンよりも扇風機といったぐあいにだ。そして、これも毎年行われてきた打ち水についてだが、ここに来て、あまり意味が無いという説が出ている。

確かに打ち水自体で、1~2℃程度温度は下がるという結果もあるようだが、実は他に問題があるという。

独立行政法人・産業技術総合研究所(産総研)が節電効果に関するシミュレーション調査を行なったところ、驚くべき結果が出た。

産総研の安全科学研究部門は、計画停電の影響やさまざまな節電の効果をシミュレーションし、「夏季における計画停電の影響と空調節電対策の効果」というレポートを6月21日に公表しているのだが・・・

レポートでまず驚くのは、昔ながらの「打ち水」には節電効果がないと指摘している点だ。各地で打ち水イベントなども行なわれているが、逆に電力需要を増やすと試算された。

産総研・安全科学研究部門の研究員、井原智彦氏は、このメカニズムを次のように説明した。

「シミュレーションでは、13時の打ち水を想定。打ち水をすると気温は0.5度下がりますが、日照が強い昼間は、水がどんどん蒸発して外気の湿度が上がります。換気で外気が室内に入ると、エアコンにとっては0.5度の下降効果より、湿度上昇による負荷の増大が大きいので、かえって電力消費を増やす。

打ち水は日中の暑い時間帯ではなく、日照の弱い朝夕にしないと節電効果はありません」

朝夕の節電に効果はあったとしても、電力消費がピークの日中の時間帯に節電できなければ、あまり意味がないということにほかならない。

ということは、打ち水は昼間にやってはいけないということなんですね。これはちょっと誤算でした。
原発事故の収束は未だに先の見えないトンネルの中である。東電及び関連会社もたたかれまくっているから、さぞかし戦々恐々としているのだろう、等と思っていたら、全くそうではなかった。
呆れる事態ですね。なんと天下り団体は、この夏臨時ボーナスが計上されているというのだ。被災地の方々はまだ義援金や賠償金も行き渡っていないような状況なのに・・・。

信じられますか?というか、どうしようもない連中ですね。

↓我々だけでも省エネしましょう↓



以下、ポストより

この夏、経産省と東電の天下り団体に「臨時ボーナス」が出るというのだから呆れるほかない。

 資源エネルギー庁は、6月1日から東京電力と東北電力の管内で、小口事業者に「節電サポーター」を派遣している。同庁の説明資料によれば、事業者は以下のような“貴重なアドバイス”をいただけるのだという。

「使用していない部屋や廊下、不要な看板などの消灯を徹底しましょう」

「室内温度は28度とし、使用していない部屋の空調は停止しましょう」

 そして、サポーターが作成した「節電行動計画」に同意すると、なんと「節電宣言ステッカー」が授与され、店舗や工場の入り口に貼ることができるのだ! 節電対策に頭を痛める事業者は大助かり……なわけがない。都内の町工場経営者に感想を求めたところ、

「お上がエアコン掃除を指導しにくるのか? バカバカしい。仕事の邪魔だ」の一言。ごもっともです。

 さて、この「節電サポーター」の正体は、一般財団法人「関東電気保安協会」などの電気主任技術者だ。彼らは東電などの委託を受けて企業や家庭の電気の点検・保安業務を行なっており、同協会の技術者募集要項によれば給料は約16万~27万円。

 今回の節電対策事業では、それとは別に「節電計画に応じた企業1件ごとに報酬が支払われる」(エネ庁省エネルギー対策課)という。

 同協会は経産省と東電の天下り先で、理事長は東電元常務の中村秋夫氏。専務理事の深山英房氏と常務理事の井元良氏は経産省OB。職員にも経産省、防衛省・自衛隊などからの天下りが100名以上いる。

 受注元の内訳について同協会は「公表していない」(地域サービス部)というが、民間企業情報調査会社によれば主要取引先は東京電力で、東電からの受託業務収入は年間約64億円というから、“電気料金で喰っている団体”と見なしていいだろう。

 サポーター訪問のほか、「節電説明会」や「節電相談ダイヤル」の設置には、今年度の1次補正予算で37億円が注ぎ込まれた。経産省と東電の電力行政による失態の尻ぬぐいは血税と電気料金で穴埋めされ、しかもそのカネは天下り先に転がり込む仕組みなのだ。

 エネ庁は、「サポーターの人数や報酬額は決定していません。37億円の使途も調整中」(省エネ対策課)と答えるが、こんな事業は百害あって一利なしである。

 だいたい、天下り役人どもが“指導”に歩き回る交通機関の動力やステッカーの印刷、説明会会場の照明・空調、そして相談電話に、不要な電力をどれだけ消費しているのか。腹が立つから訊いてみた。

「えっ……把握していません」(省エネ対策課)

 隗(かい)より始めよ!
ネッククーラー!もともと首は動脈が通っている所だがら、体温を下げるのに、首を冷やすのは効果的だ。
暑い夏になりそうですから、必需品としては、このネッククーラーではないだろうか。最近の日本というのは、人気商品に殺到するため、すぐに売り切れになってしまう。本格的な夏がくる前に、しっかりと準備をしておきたいものだ。

比較的安価なものも多いようですね。

ファッションとしてもなかなかいけてるものが売れているようですね。


以下、ポストより

普段でも夏の暑さを快適に乗り切るのはなかなか大変だが、節電からエアコンの設定温度を上げたり、クーラーをやめて扇風機に切り替えるなど、“熱い夏”がやって来るのは気が重い。

 アパレルメーカー各社からも、着ることで体温を下げたり、吸汗速乾タイプなどの機能性素材を使った商品が大量投入されているが、家族全員の夏服を全てそうした衣類に変える──ことはなかなか難しいだろう。

 すでにTVや雑誌に多く取り上げられている商品のひとつに、機能性素材「クールコンフォートテクノロジー」を使ったタオルがある。水で濡らして振る(刺激を与える)と吸収した水分が振動し、蒸発する際の気化熱で温度を下げるというもの。氷や保冷剤のような冷たさはないが、その分刺激もないため、長時間身につけていても肌への負担が少ない。

 効果が薄れたら本体を振ることでまた冷たくなり、乾いたら再び濡らして繰り返し使用でき、洗濯しても機能は変わらないため、エコでおトクな商品として注目を集めている。

 この「クールコンフォートテクノロジー」素材で作られた、ネッククーラーとヘアバンドをセットにした『パッ!とCOOLスペシャルセット』(ブルー・イエロー 各2940円)限定1000セットを、『女性セブン』の読者会員サイト「セブンズクラブ」で販売開始。

 熱が出ている時や熱中症対策で、体温を下げるために冷やす部位のひとつが首。リンパ腺や太い血管などがあり、体内を循環する体液を冷やすことで、体温を下げることができる。

 首を冷やすだけで体温の上昇を抑えられるため、体を動かすことの多い家事や火を使う台所仕事の時など、効果が実感できるだろう。またスポーツの際に使用している人も多く、部活動をしているお子さんや趣味でスポーツをしている人にもオススメ。

 肌への負担が少なく、極端に冷えることがないことから、お年寄りや体温が高めの小さい子供にも安心して使えるので、1つ購入した人が、リピーターとしてまとめ買いするケースが多いというのも納得だ。

 人気商品の数量限定販売で、再入荷は困難なため、気になった方はお早めに!
暑くなってきました。もちろん、本格的な夏の前に、梅雨が
やってきますが、快適にこの夏を過ごすためのアイテムを
ご紹介しておきたいと思います。

とはいうものの、金をかければいいわけではないし、何よりも
このご時世ですから、節電を意識する必要がありますよ。
夏は電気量使用がピークを迎える時期ですが、高消費時代を
反省する必要があるようです。

エアコンの代わり、できるだけ効率の良い扇風機を使いましょう。
空気をうまく循環させたりすれば、涼しいものです。
更に、アロマなんか加えると気持ちよく眠れますよ。
パソコンでも電池でも使用できるのも有難いですね。


次に紹介しますのは、クールなお布団ですね。かっこいいわけではないですよ。
寝るとひんやりするお布団です。涼感パッドと呼ばれる商品ですね。

私もこの手の商品を使用していますが、冷たくはなりませんが、少なくとも
布団があったまってしまうことはあまりありません。また、この商品の売りは
汗をかいても乾きの早い、サラサラ感があることですね。
どうしてもジメジメしちゃうと不快になってしまいますからね、ある意味梅雨時期にも
重宝しそうな商品ですね。

以上、ご紹介いたします。これらをうまく使って快適に過ごしましょう。
生活を営む上で、どうしても出てしまうゴミの数々。
世の中は大量のモノが溢れる豊かな時代となったが、それと同時に不要なモノはゴミとして次々に処理されている。
しかし、昨今は処理にかかるエネルギーコストの削減や環境への配慮などの観点から、消費する側もゴミ削減に対する取り組みが求められているが、
皆さんはどの程度意識しながら日々を送っているだろうか。英国には、徹底したエコ生活を続けた結果、昨年1年間に出したゴミがビニール袋1つ分だけだった家族がいるという。

英紙デイリー・メールやメトロによると、この家族は英南部ロングホープで暮らすリチャード・ストラウスさん一家。
54歳のリチャードさん、38歳の妻レイチェルさん、10歳の娘ヴェローナさんの3人家族というこの一家は、日頃からエコやリサイクルを意識しながら生活している。
周囲からは「グリーン夫妻」と呼ばれるほどで、ゴミに対する取り組みには近所の誰もが一目置いている存在だ。

ストラウスさん夫妻のゴミへの意識は、物を買うときから始まる。買い物は「できる限り包装がないモノ」を心がけてチョイス。
例えば食料品の場合、彼らは農場の店から生産物を購入し、スーパーなどで使われるような無駄な容器や袋の利用を回避する。
また、肉屋へ行く際は家から容器を持参して、それに購入した肉を入れてもらうという。そして、調理して出た生ゴミはすべて堆肥へとリサイクル。
食料品に関するゴミはこれでほぼゼロにしているようだ。

一方で、彼らの行動は自宅内に留まらない。いくら考えながら買い物をしている一家でも、どうしてもすべてを避けることはできないのが包装物。
それを生みだすスーパーにもリサイクル意識を高めてもらいたいと、彼らは昨年、ある活動を行った。
1か月間にわたり3,000枚の包装紙を集めたストラウスさん夫妻は、それをフィリピンへ郵送。
包装紙は「ハンドバッグや筆箱」などに作り変えて販売され、こうした取り組みを行うことで包装紙削減への理解を訴えたそうだ。

そうした行動の結果、これまでは「ゴミ箱1杯分」が最高だったストラウス家の年間ゴミ排出量は、昨年はビニール袋1つ分に。
どうしても処理しきれなかったゴミは壊れたおもちゃやカミソリの刃、写真のネガ、使い古したペン、
目薬の空き容器、割れた鏡、小さなビニール袋などで、主に加工された化学製品は夫妻をもってしても“ゴミ”とせざるを得なかったようだ。

年末年始の収集活動ストップにより、ストラウスさん一家の近隣でもゴミ袋が大量に積まれていたそうだが、昨年の結果でさらに自信を深めた夫妻は、周囲への意識喚起にも目を向けている。
妻のレイチェルさんは、今年は「興味がある人へ援助とアドバイスを提供したい」と意欲的。さらには地元州議会で「意見を述べたい」と考えているそうだ。

★捨てれば廃棄物だけれど、使えばリサイクルできるものは多いですからね。私も包装紙などは、捨てずに保管して、いざという時に使っていますが、非常に便利ですね。いい素材が使われているので、なんども使えます。
ぜひみなさんもお試しあれ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。