QLOOKアクセス解析 ---------------- 携帯でパチンコゲーム
ニュース、芸能、法律、生活に関する情報をタイムリーに
■知らないと大損する!知識武装で乗り切るぞ!メルマガ版の紹介
 知らないと大損する!知識武装で乗り切るぞ!のメルマガ版ができました。

 ★まぐまぐで運営しています。
   ブログで書けないことやもっと掘り下げた耳寄りの情報を集めています。
   真の意味で知識武装をしたい方にとっては、絶対に役立つ情報です。
   登録はトップページからお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピストに乗ったからいきなりの摘発ではないというが、やはり、ブレーキのない自転車は走る凶器といってもいいだろう。かなりの速度も出るわけだから。やはりルール、マナーをきちんと守る。お互いがお互いを守るためにも、それが当然だ。

↓ブレーキはつけましょう↓

以下、毎日新聞より

前輪にブレーキを装備していない競技用自転車「ピスト」で公道を走行したとして、東京区検は24日、東京都内の会社員の男(38)を道交法違反(制動装置不良)罪で略式起訴し、東京簡裁は罰金6000円の略式命令を出した。東京区検がブレーキのない自転車運転について略式起訴するのは初めて。

 警視庁交通執行課によると、男は通勤途中の2日午前7時45分ごろ、豊島区東池袋2の路上で前輪にブレーキがないピストを走行したとして、池袋署員に交通切符(赤切符)を切られた。

 男は昨年9月にも同容疑で摘発され不起訴となった際に「もうやりません」と話していたといい、区検は「2回目で悪質」と判断したとみられる。今回は「仕事が忙しくて自転車屋に行く時間がなかった」と弁解したという。

 ピストを巡っては、22日に大阪区検が20代の男を略式起訴し、罰金6000円の略式命令が出ている。東京区検はこれまで不起訴にしていたが、自転車事故の増加を受けて警視庁と協議し、複数回摘発を受けるような悪質なケースは起訴することを今月決めた。
スポンサーサイト
虫歯はうつるのか?うつるのであれば、キスなどは控えたほうがいいのか?

以下、R25より

甘いモノが大好物なせいか、それとも歯磨きをサボりがちだったためか、子どものときから虫歯が絶えない。大人になった今も、歯科検診のたびに、「歯の磨き方がなってない」と歯ブラシの使い方を指導される始末…。

ところで、ごく稀に、今日まで1本も虫歯をつくったことがないという剛の者に出会うことがある。よほど歯磨きの達人なのだろうと思いきや、「いや、けっこう歯磨きを忘れて寝ちゃうこともありますよ」と意外なことをいわれたりする。

そういえば、虫歯菌というのはそもそも外部から侵入するもので、他人からうつされなければ虫歯になることはないと聞いたことがあるが、本当だろうか? ワールドシティデンタルクリニックの遠山和規院長に聞いてみた。

「いわゆる虫歯菌とは正式名称をミュータンス菌と呼び、もともと人の体内に存在するものではありません。乳歯が生え始めて完成に至る、生後6カ月から2歳半ばくらいまでに、おそらくは経口感染によって外部から侵入するとされています。ですから、お母さんが赤ちゃんに口移しで食事を与える行為は、あまりオススメできることではないんです」

極端な話、このミュータンス菌を一切侵入させなければ、人は虫歯と無縁でいられることになる、と遠山先生は解説する。では、大人の男女が交わすキスなども、虫歯をうつす原因になるということ…?

「少なくとも、口腔内に虫歯がたくさん発生しているようなタイミングなら、控えた方が無難かもしれませんね。ただ、ミュータンス菌の侵入経路は未解明な部分も多いため、キスを我慢すれば大丈夫、ともいいきれません。逆に、虫歯菌をもらったからといってすぐ虫歯になるわけではないですし、現代人の多くはすでに口腔内に虫歯菌を持っているもの。あまり神経質になる必要はないでしょう」

ちなみに遠山先生いわく、唾液には歯を修復するミネラルや、殺菌作用を持つ免疫物質が含まれているため、唾液の多い人は虫歯になりにくい傾向があるという。人によって虫歯が多かったり少なかったりするのは、このあたりに一因があるのかもしれない。
生活マナー講座 紅茶編

紅茶を飲むときに注意しなくてはいけないポイントを教えましょう。紅茶独特の部分がありますから、しっかりと覚えておいてくださいね。あと、マナーは、相手に不快な気持ちにさせなければいいのですから、必ずこうしなくてはいけないということではないので、あまり四角四面に考えて、暗記しておかなくてはいけないというものではありません。あくまで、自然に振舞ってくださいね。


1.ティーポットを持つときは片手でもつ。(日本茶のように支えなくても良いです。)
2.まず色と香りを楽しむ。すぐに飲まない。
3.指でカップのハンドルをつまむ方が良い。
4.女性の場合は口紅がカップにつくかもしれませんが、指で拭わないように!ナフキンやハンカチでさりげなく。
5.ソーサーに乗っているスプーンは、カップを持ち上げたり置いたりする際に邪魔にならないよう、カップの向こう側に置く。
6.レモンティーの場合、レモンは入れたままにしない。カップの向こう側か、専用の皿に置く。

あくまでもさり気無く行ってくださいね。紅茶は、香りを楽しむ飲み物ですから、優雅な雰囲気を心がけるとよいでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。