QLOOKアクセス解析 ---------------- 携帯でパチンコゲーム
ニュース、芸能、法律、生活に関する情報をタイムリーに
■知らないと大損する!知識武装で乗り切るぞ!メルマガ版の紹介
 知らないと大損する!知識武装で乗り切るぞ!のメルマガ版ができました。

 ★まぐまぐで運営しています。
   ブログで書けないことやもっと掘り下げた耳寄りの情報を集めています。
   真の意味で知識武装をしたい方にとっては、絶対に役立つ情報です。
   登録はトップページからお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若い女性の間で、今度は付け八重歯が流行っているという。小悪魔になれる八重歯というコンセプトもあるらしいが、一歩間違えばドラキュラになってしまうのでは・・・・。

↓これはどうかと思いますが・・・↓

以下、サイゾーより

ネイルアート感覚で八重歯を手軽に付ける「付け八重歯」が若い女性の間でひそかに流行っている。歯を削ることなく、オーダーメイドで付け八重歯を作成し、歯科用の接着剤で既存の歯に装着するというもの。費用は2万円前後のものもあり、型取りから取り付けまで約1週間、施術時間30~60分という時間的な手軽さと手頃な価格が受けたようだ。都内の審美歯科では「小悪魔 八重歯」と名付けたサービスを展開しているところもある。

 自然な八重歯は、歯がねじれたり重なり合って変形した状態のことで、乳歯が生え遅れたか、あるいはアゴが小さすぎることが原因とされる。子ども特有の歯並びであるため、八重歯の出る笑顔は少女っぽく、かわいらしく見え、日本では昔からチャームポイントとして人気があった。最近は、八重歯のある女の子のことを「八重ガー」(八重歯ガール)と呼ぶそうだ。

 しかし、八重歯がポジティブに評価されるのは、世界では日本くらいなもので、特に欧米では単に「歯並びが悪い」としか見られず、歯並びの良さは社会的ステータスには欠かせない条件のようだ。また、吸血鬼の牙と印象が重なるという理由もあるらしい。近年は日本でも、欧米の「きれいな歯並びが美しい」という慣習に倣って、八重歯を矯正治療したり、抜いた人も多かった。

 最近は八重歯人気が再到来しているようで、AKB48の板野友美、フリーアナウンサーの杉崎美香、モーグルの上村愛子選手など、八重歯が印象的な有名人は確かに多い。これが最近の付け八重歯ブームの背景にあるのかもしれない。好きなアイドルやタレントと同じ髪型やファッションにしたいという発想である。

 ここで、八重歯がチャームポイントだった女性アイドルの変遷を追ってみる。まず、70年代デビューはアグネス・チャン、麻丘めぐみ、石川ひとみ、能瀬慶子、山口百恵などで、彼女たち5人は片八重歯だが、石野真子、小柳ルミ子、は両八重歯だった。

 80年代はまさに八重歯アイドル全盛期。マイナーなアイドルも入れると数限りなくいたので、知名度の高い人のみ挙げる。可愛かずみ、川島なお美、河合奈保子、中山美穂、松田聖子、松本典子、森尾由美、山瀬まみ、芳本美代子、渡辺満里奈、渡辺美奈代などがそうだ。実に豪華な顔ぶれである。ただ、松田聖子はデビュー当時だけで、すぐに矯正したようだ。

 90年代は八重歯アイドル低迷期なのか、坂下千里子、篠原ともえ、平山あや、hiro(SPEED・島袋寛子)、広末涼子が主だったところで、80年代に比べると少なく感じる。

 2000年以降はガールズグループ全盛であり、メンバーの中に必ず1人はいそうだ。モーニング娘。10期メンバーの工藤遥、スマイレージの田村芽実と和田彩花。AKB48は板野のほかには、梅田彩佳や大島優子がそうだ(梅田は矯正済み)。80年代のように大きくブレイクする八重歯アイドルが何人登場するか、これからに注目したい。
スポンサーサイト
暑いですね。九州は梅雨明けしたそうです。
あまりの暑さに、海水浴場も盛況みたいですが、砂浜は注意しておいてくださいね。
http://hiroshyoshda.blog87.fc2.com/blog-entry-386.html
まぁ、さすがにガイガーカウンター持っていくわけにはいきませんから、気をつけるよりほかないですね。


ところで、今年のはやりは、バンドゥ水着らしいです。名古屋弁を話す元中日のエースのおっさんではないですよ。ずり落ちない水着のひも付き版らしいです。



これで、水着も落ちない・・・ってわけですね。ただ、男としては、ちょっとずれたりするのを期待したりしているわけで・・・・
最近やっているかどうか分からないけど、「思わずポロリ」「水着だらけの大運動会」とか言うようなちょっと低俗なテレビ番組をドキドキしながら見ていた思春期時代が懐かしいですね(笑)
できるだけ、家族をテレビから遠ざけるために、いろいろな策を講じたのも良い思い出ですよ。


以下、ポストより

毎日30度を超える猛暑が続き、全国の海水浴場には早くも海水浴客が殺到中。神奈川県の人気ビーチ、逗子海岸と「サザンビーチちがさき」を訪れると、おろしたての水着を着たギャルたちが集まっていた。

 やはり水着にも流行があるようで、トレンドに敏感なギャルたちは最新水着を着こなしている。その中の一人、今年流行の「バンドゥ」を身につけた奈緒さん(24)はこう語る。

「洋服は女のコらしいのが好きなので、水着もフリル&ピンクで乙女チックにしました。ただそれだけだとつまらないから、トップは流行のバンドゥをチョイスしました」

 奈緒さんが着ている「バンドゥ」とは、三角形ではなく横長のブラが特徴。肩ヒモがないタイプが一般的でブラに入ったワイヤーで胸にピッタリとフィットさせる。ただ上下の衝撃に弱いため、ずり落ちないように、彼女のような肩ヒモを付けたタイプもある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。