QLOOKアクセス解析 ---------------- 携帯でパチンコゲーム
ニュース、芸能、法律、生活に関する情報をタイムリーに

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろんな所に隠れたヒット作があるものですね。なんと朝日新聞の天声人語コーナーを丸ごと書き写す天声人語ノートなるものが大ヒットしているという。既に47万冊を売っているという。すごい数ですよ。

確かに受験勉強の時などに、天声人語を読んだり、要約したりするとよいとアドバイスを受けたりしましたね。わツィは一切しませんでした。だって、家が読売新聞だったから(笑)

それはそうと、単なる受験勉強だけではなく、脳トレの1つとしてやっている方も多いといいます。いろんな使い方があるのですね。精神修養にもいいかもしれませんねぇ。現代の写経か?(笑)

以下、エキサイトコネタより

幼い頃、もしくは学生時代。ハッキリ言って、成人した今より日常的に新聞に目を通していたような気がする。まず、家(実家)が新聞を取っている。そして、新聞を読むと大人(両親、教師)に褒められる。
それに比べて、現在。勤務先が取っている新聞を何となく広げて読むか、仕事終わりに駅売りのスポーツ新聞を購入する程度になってしまった。我ながら、いつからこんな大人に……。

あともう一つ、若き日の自分が新聞を読んでいた理由がある。「天声人語は、受験に役立つ」と言われていたのだ。中学時代の夏休みは天声人語をノートに書き写していたし、大学受験を前に小論文対策として読んでいた時期もあった。
今思うと、どれだけ文章の意味を把握していたかわからない。が、あの時期があったからこそ、活字を敬遠しない自分になれたのかも知れない。

そんな私が、久方ぶりに新聞に真摯に向き合う気になりました。4月より朝日新聞社から発売されているノートが、面白いのだ。その名も、『天声人語 書き写しノート』。
このノートを開くと、現れるのは独特のレイアウト。ページ下段3分の2くらいのスペースには、マス目がビッシリ並んでいる。これは、天声人語と同じ字数・行数になっている原稿用紙。
そして残りの上段には、切り抜いた天声人語を貼りつけるための欄が設けられている。その横にはメモ欄があり、ここは自由に使っていい。新しく調べた言葉を書き出してもいいし、記事への感想を書いてみるのもいいだろう。

まさに、“天声人語を書き写すためのノート”なんです! でも、どうしてこのような新ノートが製作されたのか? その辺りを、同社の教育事業センター・森田さんに伺った。
「天声人語は、受験問題に使われたり教科書や授業で取り入れられたり、長く教育現場で活用されてきました。そして今回は、新聞が勉強に役立つことを実感してもらい、学習の継続をサポートするためのツールとして、このノートを開発いたしました」

なるほど。
ということは、主に学生さんが活用しているノートなのだろうか?
「“脳トレ”目的の中高年の方や、小中学生とその親御さんによる家庭での利用が多いようです。また、100冊単位で購入する学校(小中高校、大学)や塾も増えています」(森田さん)
非常に幅広い年代にウケているわけだ。何しろ、同社には小学校3年生から90代のお年寄りまで、たくさんの感謝の声が寄せられているというのだから。

そんな、前評判を聞かされては……。というわけで、私もこのノートと朝日新聞を購入。机に向かって、粛々と「天声人語」の書き写しに励みました! そういえば、ペンを手にして長い文章を書くのは、かなり久々な気がするな。この感覚は数年ぶりで、新鮮。

そして早速、天声人語を書き写していくと、初っ端に出食わしたのが「放蕩」という文字。パソコンならあっという間なのに、自身で書く時の大変さと言ったら……。しつこいようだけど、この感覚は久々! 他にも「僥倖」、「他山の石」と、今までの人生で一度も使ったことのないボキャブラリーに遭遇したり、もう“学び”の連続。
また、内容に関しては言わずもがなの密度の濃さで。この日は、おとぎ話を引き合いに出しつつ、現在のギリシャの経済状況を論じる「天声人語」だったのだが、改めて読むと凄い。大人を唸らせ、子供は納得するであろう、深みのある文章になっていて。これこそ、現在の私が見習うべき文章。目から鱗が落ちまくりで、後で掃除が大変でした。

こんな風に、色々な“気付き”の機会を与えてくれた、このノート。今まで、同社にはどのような反響が寄せられていたのだろうか?
「“書き写すだけ”という手軽さがウケています。また毎日の習慣にする方も多く、『一日が充実した』、『写経のように心が落ち着く』という声も多いです」(森田さん)

そんな、『天声人語 書き写しノート』の価格は210円(税込み)。全国の朝日新聞販売所(ASA)を始め、東急ハンズ、伊東屋や丸善などの大手文具店、紀伊国屋書店や三省堂などの書店で販売されている。
このノートの人気ぶりは凄まじく、今までに47万冊を売り上げているそうだ(10月25日現在)。

私は実際に使ってみて、意義深さを痛感しました。特に「時事力」、「文章力」、「記憶力」、「集中力」が鍛えられる。
「デジタル化の反動で“手書き”の良さを再発見した方も多いです。特に20~30代の方から『忘れていた漢字を思い出す』、『手書きをすると心が落ち着く』といった声を頂戴しました。手軽な自己啓発として習慣にされているようです」(森田さん)

ぶっちゃけ、完全に忘れていた“手書き”の気持ちよさ。そして、再確認してほしいのが「天声人語」の読み応えである。決して構える必要はない。単純に面白いから。
「何かを始めたい」と考えている方は、是非このノートを手にしていただきたいです。
カテゴリー一覧
 ※未分類
 ※ビジネス
 ※悪質商法
 ※失業保険
 ※債務整理
 ※AKB48
 ※労働法
 ※ホワイトデー
 ※花粉症
 ※保険
 ※税金
 ※債権回収
 ※ダイエット
 ※自動車
 ※マネー
 ※健康
 ※海外旅行
 ※芸能
 ※海外
 ※就職
 ※ノンフィクション
 ※速報
 ※仕事
 ※ネット
 ※エコ
 ※マナー
 ※ライフ
 ※政治
 ※ファッション
 ※スポーツ
 ※テレビドラマ
新着エントリー
 ・06-18  ※シドニーでアメリカンエキスプレスラウンジを利用した話
 ・05-04  ※カンボジアに行ってきました! アンコールワット編 その1
 ・05-04  ※台湾に行ってきました! 
 ・04-27  ※今村元復興大臣、やっぱりですね。
 ・04-15  ※北朝鮮からのミサイルを警戒?? 成田空港出国ラッシュ
 ・04-09  ※低GI食品で、健康に気をつけよう! 何が身体にイイの?
 ・04-07  ※今村復興大臣、失言・舌禍でも辞任しないんですか?
 ・04-07  ※ソウル旅行に行ってきました! その6 旅行で必要な英語力
 ・04-04  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その7
 ・04-03  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その6
 ・04-01  ※ソウル旅行に行ってきました! その5 通信環境とSIMと水
 ・03-31  ※ソウル旅行に行ってきました その4 SIMカードをゲット
 ・03-30  ※ソウル旅行に行ってきました! その3
 ・03-29  ※ソウル旅行に行ってきました その2
 ・03-26  ※ソウル旅行に行ってきました ぼったくりの巻
 ・03-26  ※ソウル旅行に行ってきました その1
 ・03-25  ※アメリカ英語だけでいいのか?
 ・03-25  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その5
 ・03-24  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その4
 ・03-23  ※appleを装った悪質な迷惑メールが届きました。 皆さんも注意!
 ・03-23  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その3
 ・03-22  ※ラクマで詐欺に遭いました! その12 最終回
 ・03-20  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その2
 ・03-20  ※ラクマで詐欺に遭いました! その11
 ・03-16  ※ラクマで詐欺に遭いました! その10
 ・03-16  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました その1
 ・03-15  ※インドネシアをお勧めするわけ 海外旅行編
 ・03-14  ※確定申告済ませましたか?
 ・03-14  ※上海に行ってきました その2
 ・03-13  ※上海に行ってきました SIMフリーは? 4Gは? Googleは?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroshyoshda.blog87.fc2.com/tb.php/1282-0a29cd2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。