QLOOKアクセス解析 ---------------- 携帯でパチンコゲーム
ニュース、芸能、法律、生活に関する情報をタイムリーに

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真相は藪の中だが、実父である尾崎健一氏は、どうしても自殺であるはずがないと、信じている。

以下、
【送料無料】なぜ尾崎豊なのか。

【送料無料】なぜ尾崎豊なのか。
価格:1,575円(税込、送料別)

より

尾崎豊さん(享年26)の遺書が全文公開され、話題となっている。遺書は、2通存在した。1通は尾崎さんが亡くなる直前まで持っていたセカンドバッグから発見されたもので、破ったB5のルーズリーフに書かれていた。

もう1通は血染めの遺書で、妻と子に幸せになってほしいという思いを綴り、血判と<愛してます>と血で書かれた文字で結ばれている。これは死後1か月たって尾崎さんの自宅から発見されたという。

2通とも、妻の繁美さんが所持していたが、今回彼女を取材したジャーナリストにより、『文藝春秋』12月号での公開となった。

死亡時、警察から発表された尾崎さんの死因は「肺水腫」だった。酒を飲みすぎて肺に水が溜まったため、呼吸困難に陥ったものと見られていた。

しかし、1994年に本来なら外に漏れない「死体検案書」が一部のマスコミに流出すると、他殺説が報じられるようになった。覚せい剤に関する記述があったことなどから、誰かに多量に覚せい剤を投与されて殺されたというのだ。

父・健一さんは、真相を究明するために、再捜査の署名運動を呼びかけ、10万人を超す署名を集めて、警察に提出したほどだった。

そして、この他殺説を打ち消すかのように、1994年に一部公表されたのが、セカンドバッグから発見された遺書だった。

それから17年がたち、今回の遺書全文公開を受け、父・健一さんの元を訪ねた。健一さんは、尾崎さんも暮らした実家で、いまもひとり暮らしている。遺書について尋ねると、こんな答えが返ってきた。

「豊が遺書を書いてたって? 見たことは一度もないねぇ。これ、本当の遺書なの?」

そもそも健一さんは、“遺書”に疑問を持っていた。1994年当時に記者会見を開き、こう話している。

「豊は気分が落ち込んでいるときに、突発的に遺書のようなものを書くことがあった。亡くなる3年前に自殺を考えたことがあるらしいが、そのときに書いた可能性もある」

そして今回も「自殺じゃない」ときっぱり反論する。

「いまとなっては、他殺だとは思ってないけど、あれは自殺じゃない。豊じゃないからわからないけど、なんで死んだんだって…いまでも思ってます」

他殺説、自殺説、事故説…。19年たっても、真相がわからない息子の死を受け止められない父の嘆きは、これからも続くのだろうか。
カテゴリー一覧
 ※未分類
 ※ビジネス
 ※悪質商法
 ※失業保険
 ※債務整理
 ※AKB48
 ※労働法
 ※ホワイトデー
 ※花粉症
 ※保険
 ※税金
 ※債権回収
 ※ダイエット
 ※自動車
 ※マネー
 ※健康
 ※海外旅行
 ※芸能
 ※海外
 ※就職
 ※ノンフィクション
 ※速報
 ※仕事
 ※ネット
 ※エコ
 ※マナー
 ※ライフ
 ※政治
 ※ファッション
 ※スポーツ
 ※テレビドラマ
新着エントリー
 ・06-18  ※シドニーでアメリカンエキスプレスラウンジを利用した話
 ・05-04  ※カンボジアに行ってきました! アンコールワット編 その1
 ・05-04  ※台湾に行ってきました! 
 ・04-27  ※今村元復興大臣、やっぱりですね。
 ・04-15  ※北朝鮮からのミサイルを警戒?? 成田空港出国ラッシュ
 ・04-09  ※低GI食品で、健康に気をつけよう! 何が身体にイイの?
 ・04-07  ※今村復興大臣、失言・舌禍でも辞任しないんですか?
 ・04-07  ※ソウル旅行に行ってきました! その6 旅行で必要な英語力
 ・04-04  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その7
 ・04-03  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その6
 ・04-01  ※ソウル旅行に行ってきました! その5 通信環境とSIMと水
 ・03-31  ※ソウル旅行に行ってきました その4 SIMカードをゲット
 ・03-30  ※ソウル旅行に行ってきました! その3
 ・03-29  ※ソウル旅行に行ってきました その2
 ・03-26  ※ソウル旅行に行ってきました ぼったくりの巻
 ・03-26  ※ソウル旅行に行ってきました その1
 ・03-25  ※アメリカ英語だけでいいのか?
 ・03-25  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その5
 ・03-24  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その4
 ・03-23  ※appleを装った悪質な迷惑メールが届きました。 皆さんも注意!
 ・03-23  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その3
 ・03-22  ※ラクマで詐欺に遭いました! その12 最終回
 ・03-20  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その2
 ・03-20  ※ラクマで詐欺に遭いました! その11
 ・03-16  ※ラクマで詐欺に遭いました! その10
 ・03-16  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました その1
 ・03-15  ※インドネシアをお勧めするわけ 海外旅行編
 ・03-14  ※確定申告済ませましたか?
 ・03-14  ※上海に行ってきました その2
 ・03-13  ※上海に行ってきました SIMフリーは? 4Gは? Googleは?

コメント
この記事へのコメント
自殺ではない。遺書もない。
お父様のおっしゃるとおり自殺でありません。
なぜこれほどの文藝春秋の大嘘報道が起こってしまったのでしょうか?文藝春秋編集部担当者が加賀の持ち込んだ偽遺書のコピーを信用してしまったからです。過去の経緯を何も知らなかった編集者が裏をとらなかったのは怠慢としかいいようがありません。軽はずみにも掲載に踏み切ってしまったのは社としての責任です。
2011/12/19(月) 14:51 | URL | アンパンマン #-[ 編集]
コメント有難うございます。

奥山さん、悲しい最後ですね。自殺なのか、そうではないのか、今となってはわかりませんが、ご冥福をお祈りいたします。
2011/12/20(火) 10:19 | URL | ひろしゅまる #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroshyoshda.blog87.fc2.com/tb.php/1412-cb32b32d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。