QLOOKアクセス解析 ---------------- 携帯でパチンコゲーム
ニュース、芸能、法律、生活に関する情報をタイムリーに

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんなニュースを待っていましたぁ!スマホを2台持つと、通常であれば、通信の定額制でとんでもない(というほどでもないが)高い通信費を払うことになりますネ。
そこで、なんとか節約できないのか?そして、通信の品質の良さも両立させたい・・・なんて、夢なのか?
いや、できます!(ミタ風に)
さすが三田さんなんでもできるんですねぇ。なんてふざけちゃいましたが、いい方法をおしえます!

以下、NikkeiTRENDYnetより

iPhoneやAndroidのスマートフォン、iPadにGalaxy Tabなどのタブレット、さらにはMacBook Airやウルトラブックなどのノートパソコン……。巷には、モバイル端末があふれている。こうしたモバイル端末を日常的に使う人にとって、頭の痛い問題が毎月の通信料金だ。

 スマホだけでも1台あたり、月額固定のパケット定額サービス利用時で最低4000円前後から6000円前後はかかる。従来の携帯電話とスマホ、またはiPhoneとAndroidという2台持ちをすれば、毎月の通信料金はさらにアップする。通話や他社へのSMSを利用すると、1万円を超えることもざらだ。

 膨らむいっぽうの通信料金をどうすれば節約できるのか。複数のモバイル端末を使う際に役立つ3つの節約方法を紹介する。

iPhone&Androidの2台持ちはMVNO SIMで解決

 1つめの対策は、パケット通信料を下げる方法だ。筆者は、メーンとしてソフトバンクモバイルの「iPhone 4」を使い、サブとしてNTTドコモの「Xperia arc」も持ち歩いている。通常なら「月月割」の1920円(NTTドコモは「月々サポート」。Xperia arcの場合、機種変更だと月額700円となる)を差し引いても、iPhone 4が月額は最低3785円、Xperia arcが月額6055円かかる(ともに月額固定のパケット定額サービス利用時。ユニバーサルサービス料は含んでいない)。通話料が0円だったとしても、月額料金は合計で9840円だ(NTTドコモの月々サポートは、2011年3月14日以降にAndroidスマホを購入した人から適応されている)。

 どちらか一方を解約できれば良いのだが、なかなか踏み切れない。ソフトバンクモバイルの通信網では出張時に不安があるし、iモードメールでしか連絡を取れない人もいる。スマホとケータイを2台持ちしている人も、同じような問題を抱えていることだろう。

 どうすれば、安く2台持ちできるか? NTTドコモのAndroidスマートフォン利用者という条件付きながら、使い勝手を損なうことなく、大幅にパケット代を節約する方法がある。NTTドコモのMVNO(仮想移動体サービス事業者)が販売するSIMカード、日本通信の「b-mobile SIM」やスーパー大手のイオンの店頭で取り扱う「イオン専用b-mobile SIM」を利用する方法だ。

最大100Kbpsのプランなら月額980円

 複数ある選択肢の中で、月額料金が最も安くなるのは、イオン専用のb-mobile SIMを利用する方法だ。同SIMカードはプランが3つあり、受信最大100Kbpsの「プランA」なら月額980円(ユニバーサルサービス料を除く)で利用できる。正直なところ、通信速度はかなり遅く、Webページを開くのにも時間がかかる。

 それでもAndroidのデータ通信機能をオフにし、モバイルWi-Fiルーターを利用して通信するよりは使い勝手は良い。やはり、スマホを快適に使いたいなら、3G回線でいつでもネットにつながる状態が望ましい。受信最大100Kbpsでも、テキストがメーンのGmailの新着メールチェック、Twitter程度なら我慢できる。

 SIMカードの変更は、とても簡単だ。もともとAndroidに挿入されていたNTTドコモのFOMA SIMカードを抜き、新たに契約したイオン専用b-mobile SIMカード(見た目はFOMA SIMカードと同じ)をセットする。あとは設定でAPNを変更するだけだ。

余ったFOMA SIMカードはプランを見直して再活用

 続いて考えるのは、Androidにイオン専用 b-mobile SIMを導入したことで余った、FOMA SIMカードの取り扱い。毎月の通信料金を下げつつ、iモードメールも使えるようにするには、ここからが重要になる。

 まず余ったFOMAカードの使い道。これは、古いFOMAケータイに挿して利用する。理由はiモードメールを、FOMAケータイから送受信するためだ。Androidにイオン専用b-mobile SIMなど、NTTドコモ以外のSIMカードを挿すと、iモードメールを受送信する「SPモードメール」アプリが使えなくなる(同アプリは「SPモード」のAPN接続が必要なため)。

 そこで昔使っていたFOMAケータイにFOMA SIMカードを挿して、元通りiモードメールを使えるようにする。ポイントは、スマホに乗り換えたときに解約した、iモード契約を復活させること。これでFOMAケータイにSIMを戻したときにiモードメールを使い続けられる。結果的に、iPhone、Android、FOMAケータイの3台持ちになるが、こうすることで目的の機能を維持したまま、月額料金の節約できる(iモードメールの受送信には、パソコンなどから操作できる「iモード.net」(月額210円)を利用する方法がある。筆者は使い勝手重視で、古いFOMAケータイの併用している)。

月々サポートを維持するかどうかが、次のポイント

 プランの見直しも忘れずにしたい。検討するのは、契約するパケット定額サービスの種類だ。どのパケット定額サービスを選ぶかは、3台持ちに移行したあとのFOMAケータイでかかったパケット通信料金で決まる。そこで移行1カ月目は、月々サポートの対象になる2段階定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル2」契約に変更した上で、さらに安いプランに変更できるかどうかを見極める。目安は、パケ・ホーダイ ダブル2の下限額を2100円から月々サポートを差し引いた金額だ。この金額をFOMA ケータイの実質パケット通信料が下回るか、上回るかを確認する。

 筆者はFOMAケータイから乗り換えでXperia arcを購入した。このため月々サポートは月額700円となり、パケ・ホーダイ ダブル2の下限額から差し引くと1400円になる。この金額に対し、移行したFOMAケータイで使ったパケット通信料金は月額600円前後だった。つまり月々サポートの700円をもらうために、800円分のパケット料金を余分に支払っている計算になる(使用したパケット料金は、「Mydocomo」サービスで確認できる)。

 このように月々サポートに固執すると、逆に割高な通信料金を支払うこともある。そこで筆者は、月々サポートの対象外になることを承知の上で、パケット定額プラン「パケ・ホーダイ シンプル」(月額0円から上限額4410円の2段階定額制。左記の金額はiモード利用時の上限額)へと切り替えた。

 結果、通話プランの「タイプSSバリュー」と組み合わせても、月額料金は2000円前後に抑えられた。イオン専用b-mobile SIMの料金を含めても、月額3000円前後で済む。iPhone 4を4000円以下で利用できれば、3台使っても合計7000円以下に収まるわけだ。

 最も、筆者が実践する“3台持ち”の節約方法は、端末を使い分けるのが面倒くさい。Androidをイオン専用 b-mobile SIMに移行したあと、Xperia arcの出番は確実に減った。それでも、いざという時のために、NTTドコモ通信網対応のスマホを確保しておきたい人には、こうした節約方法を検討してみてはいかがだろうか。

無料通話アプリ、IP電話サービスを導入して通話料金を下げる

 2つめは「高額なスマホの通話料」を見直していく。スマホの通話料はケータイと全く同じとはいえ、もともと通話料自体が高額だった。ソフトバンクモバイルのホワイトプラン、NTTドコモのタイプSSバリューなど、各キャリアで最も安い通話プランを利用すると、30秒で21円もかかる。同キャリアユーザー間なら無料となる通話時間帯や、月額1000円程度の無料通話特典があるとはいえ、スマホで通話すると月額料金があっという間に跳ね上がる。

 ケータイ全盛の時代は、この高額な通話料金を受け入れるしか選択肢はなかったのだが、スマホ時代に突入して状況が一変した。「Skype」や「Viber」といった無料通話アプリが、スマホから利用できるようになったからだ。また今年7月は、NTTコミュニケーションズから「050 plus」というIP電話サービスがiPhone向けに登場した(9月からAndroid版も登場した)。

 この050 plusの魅力は、050ではじまる自分専用のIP電話番号が取得できること。そして、取得した050番号を通知した上で、電話をかけられることだ。

 通話料も大幅に節約できる。国内の通話料は、通話先が固定電話の場合で8.4円/3分。ケータイの場合は、16.8円/分だ。また050 plusユーザー同士、提携のIP電話なら通話料は無料となる。050 plusを利用には、基本料金として月額315円かかるのだが、1カ月の間に固定電話へ8分以上、ケータイなら12分30秒以上電話すると元は取れる。

 筆者は、iPhone 4に050 plusを導入以来、仕事関係の電話050 plusからかけるようにしている(相手がソフトバンクモバイルユーザーの場合を除く)。もともと1カ月に30分から1時間程度しか通話していないが、それでも相手先が固定電話とあって節約効果は高い。実際、iPhoneの通話料は0円となり、050 plusでかけた通話料も毎月100円~300円前後に収まっている。

メッセージアプリで“他端末&他キャリア”間のSMS代を節約

 3つめはSMSの節約だ。スマホを購入してから、SMSを使うようになったという人が多い。SMSは、キャリアの電話網を使って、指定したユーザー(電話番号)へ、ショートメッセージ(70文字以内)をダイレクトに送るサービスだ。同キャリアの端末同士だとSMS代は無料(パケット通信料のみ)だが、他キャリアでの話になると別。1通送るのに3.15円かかってしまう。

 最近まで筆者の周りには、iPhoneユーザーが多く、SMS料金を気にすることなくやり取りができたのが、状況は大きく変わった。au版からiPhone 4Sが販売され、NTTドコモなど他キャリアのAndroidユーザーも増えてきたためだ。iPhoneが採用するOS「iOS 5」では、同OSを利用するiPhone、iPod touch、iPad間でメッセージをやり取りできる「iMessage」が使えるようになった。しかし、au版のiPhone 4Sは12月中旬時点で未対応。このためSMSの送信料がかかってしまう。

 こうした他キャリア端末とのやり取りに、欠かせなくなってきたのがメッセージアプリだ。メジャーなアプリは、通話機能も備わったNEVER Japanの「LINE」や、Facebookのメールを受信する「Facebook Messenger」。どちらも、iPhone、そしてAndroid向けに同じアプリが無料で提供されている。LINEはスマホの電話番号、Facebook MessengerはFacebookのIDを使って登録するため、導入や友人との連携も簡単だ。

 個人的には、TwitterのDMを利用することもある。複数人へDMを送るときに「Pop'n DM」(85円)を利用している。DMを送信することに特化したアプリなので、DMを送るつもりでメンションやツイートを送ってしまうミスも防げる。メッセージのやり取りも、いろいろな方法が出てきた。支払い明細のSMS欄を確認してみて、知らないうちに他社間SMSをたくさん使っていると分かったら、無料でメッセージを送る対策を講じたい。

 今回紹介した3つの方法を駆使すれば、スマホを2台持ちしても、通話料金をグッと抑えられるはずだ。
カテゴリー一覧
 ※未分類
 ※ビジネス
 ※悪質商法
 ※失業保険
 ※債務整理
 ※AKB48
 ※労働法
 ※ホワイトデー
 ※花粉症
 ※保険
 ※税金
 ※債権回収
 ※ダイエット
 ※自動車
 ※マネー
 ※健康
 ※海外旅行
 ※芸能
 ※海外
 ※就職
 ※ノンフィクション
 ※速報
 ※仕事
 ※ネット
 ※エコ
 ※マナー
 ※ライフ
 ※政治
 ※ファッション
 ※スポーツ
 ※テレビドラマ
新着エントリー
 ・06-18  ※シドニーでアメリカンエキスプレスラウンジを利用した話
 ・05-04  ※カンボジアに行ってきました! アンコールワット編 その1
 ・05-04  ※台湾に行ってきました! 
 ・04-27  ※今村元復興大臣、やっぱりですね。
 ・04-15  ※北朝鮮からのミサイルを警戒?? 成田空港出国ラッシュ
 ・04-09  ※低GI食品で、健康に気をつけよう! 何が身体にイイの?
 ・04-07  ※今村復興大臣、失言・舌禍でも辞任しないんですか?
 ・04-07  ※ソウル旅行に行ってきました! その6 旅行で必要な英語力
 ・04-04  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その7
 ・04-03  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その6
 ・04-01  ※ソウル旅行に行ってきました! その5 通信環境とSIMと水
 ・03-31  ※ソウル旅行に行ってきました その4 SIMカードをゲット
 ・03-30  ※ソウル旅行に行ってきました! その3
 ・03-29  ※ソウル旅行に行ってきました その2
 ・03-26  ※ソウル旅行に行ってきました ぼったくりの巻
 ・03-26  ※ソウル旅行に行ってきました その1
 ・03-25  ※アメリカ英語だけでいいのか?
 ・03-25  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その5
 ・03-24  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その4
 ・03-23  ※appleを装った悪質な迷惑メールが届きました。 皆さんも注意!
 ・03-23  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その3
 ・03-22  ※ラクマで詐欺に遭いました! その12 最終回
 ・03-20  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました! その2
 ・03-20  ※ラクマで詐欺に遭いました! その11
 ・03-16  ※ラクマで詐欺に遭いました! その10
 ・03-16  ※モンスター新入社員を雇ってしまいました その1
 ・03-15  ※インドネシアをお勧めするわけ 海外旅行編
 ・03-14  ※確定申告済ませましたか?
 ・03-14  ※上海に行ってきました その2
 ・03-13  ※上海に行ってきました SIMフリーは? 4Gは? Googleは?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroshyoshda.blog87.fc2.com/tb.php/1668-b431f32f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。